Entries

東名阪の6車線化の決定と必要性

上り線8キロ、暫定3車線化 東名阪、四日市―鈴鹿東名阪自動車道は名古屋から三重、および関西方面へのアクセス道路の1つで、亀山で新名神、伊勢、名阪国道に接続します。名古屋都市圏内の移動もさることながら、名古屋⇔関西方面を移動する車も多いため、全体的に交通量が多い道路です。現在、四日市JCT~四日市IC全線と、下りは四日市ICより少し南の登坂車線までが6車線化されています。JCTから数キロは本格的に路肩を広げて拡...

第二京阪道路一般部の動画

11月に関西・四国方面に遠征に行ってきました。来年海外に渡航する予定なので、日本の動画撮影もそろそろ最後です。Youtubeの動画で、第二京阪の高速道路の動画はたくさん上がっているのですが、一般部の動画はあまりありません。あることはあるし、ニコニコ動画でも探すことはできますが、意外とない。というわけで、撮影してきました。撮影区間は大阪中央環状から久御山JCTまでの上り線。再生リストはその1から最後まで再生で...

静岡県の国道バイパス事情

静岡県の国道事情と言ってピンとくるのが国道1号線のバイパス群です。西から東まで連続してバイパスが走っており、信号のない区間が多いため、他県に比べると道路環境は恵まれているでしょう。ただ、静岡県の経済規模と照らし合わせてみると、隣接して名古屋・東京の大都市圏があり、かつ静岡県自体も人口は370万人です。幹線道路沿いを中心に、小中規模の都市、工業地帯が連続していることから、ほかの地域に比べて、かなり都市...

信号のつなぎの悪さ;止まっては進むを繰り返す日本の幹線道路

日本の道路事情は信号が多すぎるうえに信号のつなぎが悪く、止まっては進み止まっては進むの繰り返しという現状があります。主に幹線道路において、信号が青になって進んでもその先の信号が赤になって止められるということが非常に多く見られ、運転をする上で非常にストレスが溜まります。信号のつなぎを悪くする理由としては、スピード抑制が大半を占めており、スピード出しすぎによる事故を防ぐためでしょう。確かに、制限速度が...

愛知県の道路環境の良さ。

愛知県は、ほかの地域と比べて道路環境がとても良いです。ここいう道路環境とは運転マナーではなく、道の広さや渋滞などに関してです。愛知県の運転マナーが悪いのは誰もが思うことであり事実なのですが、それについてはここでは語りません。あくまで愛知県の道路環境についてのみ焦点を当てていきます。京阪神や首都圏と比べて自動車の保有台数も多いため、ある程度整った道路環境が必要なのでしょう。名古屋を中心に多車線道路が...

Appendix

プロフィール

hiro1100

Author:hiro1100
Hiro 1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき