Entries

新東名の速度規制緩和100k→110kは反対。優先すべきは規制速度と実勢速度の乖離の解消




新東名の森掛川IC~新静岡IC間で、平成29年11月1日から試験的に規制速度が100キロから110キロに緩和されています。日本の低すぎる速度規制の実態を考えると、規制緩和は喜ばしいと思いますが、個人的にはこの規制緩和には賛成できません。現状の状態では規制緩和を行わない方が良いと思います。


新東名は設計速度が高く設定されており、120キロで走行しても安全に走れるようにできています。また、この区間は一部で片側3車線になっているため交通容量にも余裕があり、速度規制緩和には何も問題ないように思えます。まあ確かにそこだけを考えれば、問題はないのでは?と思います。しかし、賛成できない理由はこれがメインではありません。

1.今の速度規制の暗黙の了解、+10.+20kmオーバーで黙認なら、130k/h以上で走行する車が増える可能性がある。

今の速度規制には暗黙の了解があります。これは速度規制+10k、もしくは+20kまでなら取締りはされないという点、本音と建前の速度の違いです。建前では低い規制速度を設定するんだけど、実態は誰も守っていなくて、警察もそれを黙認するというやつですね。

これは非常に曖昧なもので人によって考え方が違いますが、現状の速度規制を守って走るより、規制速度+10.20(高速道路では+30)で走る車がいるということは事実としてあるでしょう。
また、一部の車ではレーダー探知機を取り付けて、オービスや取締りなどをできる限り回避し、スピードが出せるところでは80規制だろうが60規制だろうが、暫定2車線であろうが、出せるだけのスピードを出し、常に120k以上で追い越しレーンを走り続けるようなドライバーもいます。
もっとも、道路状況や地域性によって程度の差はありますが、日本全国どこへいってもこういう車がいます。

こういう状況の中で規制緩和をするとどうなるか?
それまで100kが規制速度で110や120で走っていた車が130や140kで走るようになる可能性があるでしょう。110キロの制限速度を守るのか走るのかというとそうはなりません。もちろん、規制速度を守る車もいるでしょうし、100kかそれ以下で走る車もいるでしょう。しかし、規制速度以上で走る車が多く、規制速度に暗黙の了解があるのであれば、車の平均速度が上がる可能性は否定できないでしょう。

2.低速車両との速度差が大きくなる。
規制が緩和されるのはあくまで普通車だけで大型車(トラック)は80キロのままです。トラックなどが80キロで走っているところを現状では100k以上で乗用車が追い越していく日常があります。現状は規制速度を守らない車が多い事を踏まえると110~120k辺りで追い越す車が多いと考えて良いでしょう。

110kに緩和されれば、その速度がさらに大きくなる可能性があります。現状でも30~40k/hの速度差があるのに、それ以上大きくなるわけです。速度差があるということは、実はスピードを出して走るよりも危険で、遅い車と速い車が干渉しやすい、煽り運転を引き起こしやすく、同時に追突事故が起きやすくなるということでもあります。

新東名は片側3車線ではない。
上記のような状況がありつつも、断続的に3車線あれば、追い越しにおいては融通が利きます。たとえば3車線あれば、90kで80kのトラックを追い越すのに、追い越し車線へ出なくても中央車線から左の低速車を追い越すことができます。しかし3車線なのは割合的にそんなに多くなく、大部分が片側2車線です。

新東名に関してはトラックの交通量が多く、80キロ~90キロで走るトラックや追い越しレーンを90キロで走る車も多いです。そういう状況では、片側2車線の場合、110キロ以上で走っても遅いトラックと干渉しやすくなります。

地方でも交通量の少ない地域を走る人にはあまりピンとこないと思いますが、新東名や新名神、東名、名神などの首都圏から関西にかけての高速道路や、山陽道など比較的多くの工業都市を縦断する高速道路は、トラックの交通量が多く遅いトラックと速い乗用車との干渉が起こりやすいです。

こういう車同士の速度差の大きくなる道路では、車線数を増やすのが一番効果的で、諸外国の高速道路を見ても、そういう道路は3車線以上で整備されている区間が多いです。日本でも交通量の多いこれらの道路の場合、最低でも片側3車線が必要であり、特に新東名については、まず静岡県内を全線片側3車線にしてから、規制速度の引き上げを検討すべきだと思います。


3.ドライバーのモラルが低い

最後に、特に休日を中心にドライバーのモラル自体が低い点があります。オーストラリア、ニュージーランド、日本の3カ国を走りましたが、比べるとやはり日本が一番ドライバーのモラルが低いです。西欧やアメリカと比べても低いでしょう。よく言われる安易な速度引き上げが事故増加につながるというのは一理あると思います。

具体的にどのようにモラルが低いのかというと、箇条書きで書きます。
・規制速度を大幅に超えて走る車が多い点
・追い越し車線をずっと走り続けて走行車線に戻らない車が多い点
・煽り運転をする攻撃的なドライバーが多い点や、車線変更を妨害する車がいる点
・軽自動車やバイクなど小排気量の乗り物を軽視する点
・トラックは遅いから邪魔などという発想をする人がいる点
・3車線あると中央車線を走ろうとする車が多い点
・車線変更でウィンカーを出さない車が多い点
・左の走行車線を追い越しに使う車がいる点

などです。あげるとたくさんでてきますが、このような運転モラルが低いドライバーが多いのであれば、やはり速度引き上げは行うべきではないでしょう。

規制速度云々もそうですけど、その前にまずドライバーも運転モラルを改善する必要があると思います。

まとめ
速度規制緩和の反対の理由についてはおもにこの3つです。この中でも、特に1つ目の事項、規制速度+~キロで走る車が多いという点が問題だと思います。速度の取締りを厳しくして、制限速度以上で走る車がほとんどいなくなるというのであれば、速度引き上げは考慮されてよいでしょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/22-3170216c

トラックバック

コメント

[C11] Re: 速度規制や各国の交通マナーについて

> 高速道路より信号のないバイパスを70kmに緩和してトラックを70kmで走らせた方が燃費面では良いと思います。
> 90km走る車はいるが、トラックが一番、燃費良い速度で走れるから丁度良いと思います。
>
> それから各国の交通マナーに関する記事で『怖い怖い、車怖い。最悪のドライバーが多い民族トップ10』と言う記事があったので結構、参考になると思います。
>
> 先進国では10位のイタリアと2位のアメリカが入っており、イタリアの場合はローマ以南での交通マナーの悪さで入っています。
> アメリカは、NYやワシントンDCは日本より良いが、郊外、特に南部はやはり速度が守られていない事と、ボコボコの車でも走っている事が響いているのだろう。
> 日本はこの2国よりは流石に良いが、ドイツや英国、カナダより悪く、強引な割り込みや縦列駐車でお馴染みのフランス(特に都市部)とトントンが良い処だと思います。
> 因みにランクインしている国で一番、危ないのはサウジアラビアです。

速度規制の話はいずれ記事に書きますが、現状の60キロは低すぎで、改善したほうが良いです。個人的には信号のないバイパス道路においては走行車線を70、追い越し車線を80か。もしくは一律80キロが妥当ではないかと思います。


怖い怖い、車怖い。最悪のドライバーが多い民族トップ10>イタリア、ロシア、その他途上国が入っているのは理解できるのですが、アメリカが入っている点が納得できないですね。また、ニューヨークは逆に都市部なのでマナーの悪い、日本に近い運転をする人が多いと聞くのですが、やはり実際に運転してみないとわからないですね。日本はともかく、ニュージーランドは入っていても良いような気がしました。彼らは100キロで反対車線を逆走しますからね。

  • 2016-10-23 17:44
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

[C10] 速度規制や各国の交通マナーについて

高速道路より信号のないバイパスを70kmに緩和してトラックを70kmで走らせた方が燃費面では良いと思います。
90km走る車はいるが、トラックが一番、燃費良い速度で走れるから丁度良いと思います。

それから各国の交通マナーに関する記事で『怖い怖い、車怖い。最悪のドライバーが多い民族トップ10』と言う記事があったので結構、参考になると思います。

先進国では10位のイタリアと2位のアメリカが入っており、イタリアの場合はローマ以南での交通マナーの悪さで入っています。
アメリカは、NYやワシントンDCは日本より良いが、郊外、特に南部はやはり速度が守られていない事と、ボコボコの車でも走っている事が響いているのだろう。
日本はこの2国よりは流石に良いが、ドイツや英国、カナダより悪く、強引な割り込みや縦列駐車でお馴染みのフランス(特に都市部)とトントンが良い処だと思います。
因みにランクインしている国で一番、危ないのはサウジアラビアです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき