Entries

ニュージーランドの運転マナー・道路環境

ニュージーランド滞在中に各地をレンタカーをドライブしてきたので、それを踏まえてこの国の運転マナーを考えていこう思います。

イメージ的には日本よりもマナーが良く、ドライバーも成熟しているイメージがあるでしょう。これは半分合っていて半分間違っています。
ニュージーランドの道路環境

確かに日本と比べてドライバーの運転意識は高く、日本と比べても走りやすいです。また交通法規や道路の造りも、ある程度合理的に作られており、ストレスのたまらない運転が可能です。以下撮影した画像付きで解説します。

Roundabout in Bleinhelm
ニュージーランドの地方都市では、大きい街でない限り信号がありません。ほとんどすべての交差点をラウンドアバウトにしています。撮影場所は人口3万人の小都市、ブレナム。

100k per hours on the road制限速度も市街地を抜けると100キロが基本です。市街地は50キロが基本。

Too much speed limit
驚いたのはこのような山間部の道路ですら100キロに設定されていることです。しかし、実際にはとても100キロで走れず、せいぜい50キロぐらいが限界です。

typhical road in NZ
人口の少ない地域はこのような道路が多いです。

これらを見ていくと道路環境は恵まれていると思いますよね?しかし、良い点ばかりでなく悪い側面もあります。
National Road in NZ
都市部を覗くと、ほとんどの道路がこのような1車線の道路で構成されています。

Passing lane in NZ
幹線道路ではこのように追い越しレーンが設けられていますが、交通量の多い路線に限定され、交通量の少ない地方では追い越しレーンすらありません。

NZ urbanarea
都市部でさえもこのように1車線の道路が多いです。片側2車線以上なのは一部で、交差点付近のみというパターンが多いです。

高速道路に関してはオークランド、ウェリントン、クライストチャーチ周辺に少しある程度です。日本のように国土全体を片側2車線の高速道路が走っているわけではありません。また、制限速度は高速でも100キロ。日本と同じです。

Hy in Duniden
高速道路は郊外でも片側2車線。

Auckland hy
オークランドでは3車線以上になります。基本的に大部分が無料で、ほんの一部の区間のみ有料です。

アメリカのように多車線の道路があるわけではありません。どちらかというと北海道の道路環境に似ており、北海道の道路から信号を排除し、制限速度を緩くし、高速道路を無料にしたたような感じです。また、多車線道路や信号が少なく、交差点は徹底気にラウンドアバウトにしている背景から、ニュージーランドは道路建設に関して徹底的にコストをかけない方針をとっているように見られます。

ニュージーランドの運転マナー
気になる運転マナーですが、日本よりは良いものの、オーストラリアよりは悪い。またアメリカや西欧と比べると少なくとも悪いでしょう。

・速度違反が少なくない。
特に郊外の道路で顕著です。ニュージーの制限速度は100キロですが、100キロでも頻繁に追い越されるため、おそらく+20キロ以上の速度で走っている車が多いと思われます。特に人口が少なく、移動距離の長い南島はよりその傾向が顕著です。

・対向車線からの追い越しが多い。
これが一番特徴的で、追い越し禁止がされていないところでは車が来ていなければ追い越す車が多いです。対向車線から3・4台ごぼう抜きで追い抜く車も日常的にいます。見通しが多少悪くても追い越し、追突しそうになるような光景もよく見られます。日本と違うのは、これを100キロ以上の高速でやっていることです。暫定2車線の道路で高速で追い越すという、昔の中央自動車道のような光景が日常的にあるわけです。
Overtaking car
日常的な追い越し。


・煽り運転
日本ほど多くありませんが、特に郊外で多く見られます。ほんの一部の車ですが、アジア系やインド系などをよく思わない白人ドライバーが前車を故意に煽るという光景もあります。信じられないのは、ニュージーの高速バスが前車を煽り、前車に急ブレーキをかけられるという光景もありましたね。高速バスのドライバー全体的にモラル低いです。

それ以外の点については、特にマナーが悪いという感じはありません。

・車線減少時の譲り合い
1つ感心したのは、車線変更時に入ろうとする車に対しては、ほとんど譲ってくれるという点です。ニュージーランドでは交差点で多車線になり、交差点を超えると1車線になる道路が多くみられます。そのため、車線減少で前に入られるパターンは日常的にあります。そのためか、周りもそれになれており、日本のように譲らない車や危険な割り込みなどほとんど見られません。

・北島と南島
ニュージーランドは北島と南島に分かれており、人口は基本的に北高南低です。全体の人口は400万程度ですが、そのうちの300万人は北島、南島は100万人しか住んでいません。しかし、面積は日本の面積と同じくらいです。さらに第1の都市「オークランド」には300万のうち150万人が住んでおり、人口密度の差が激しいです。そのため、郊外は人口が少なく、北海道のような見通しが良く、交通量の少ない道路が多いです。全体的に山が多いため、峠超えや多少のアップダウン、カーブは多いです。南島に関しては、町と町の間の距離が50キロ以上離れていることもあり、ひたすら直線道路という状況もあります。

一部の地域では景色がとても綺麗な場所があり、日本では味わえない自然の中のドライブを堪能できます。南島の内陸部は風光明媚な景色が多く、世界的に有名な観光地にもなっています。
Nice view in SH8 with the lake
南島の国道8号沿いの湖。
Nice view in SH8
以上、ニュージーランドの道路環境、運転マナーなど解説しました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/23-9478df54

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

hiro1100

Author:hiro1100
Hiro 1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき