Entries

車載動画撮影中のステッカーを後ろに貼ることの意味

IMG_20161024_161418.jpg


ここ最近、車両の後ろに上記のようなステッカーを貼るようにしました。特に中長距離のドライブではカメラを装着して撮影しているので、後続に動画を撮影していることを理解してもらうために貼り付けました。それと同時に、昔から頭を悩ませている煽り運転対策としても取り付けることにしました。メインの理由はむしろ後者のほうが大きいです。

ひどい煽り運転
日本の運転マナーにおいて特徴的なのは、煽り運転が多いという点です。制限速度が実質機能しておらず、人によって車の速度が全く違うため、それによって遅い車と速い車の干渉が起こりやすく、速い車が遅い車を煽るということが多いからです。また、何かストレスを抱えているのか?人間的に病んでいるのか?特に何もないような場所で煽ってくる人もみられます。

我慢すればいいという話ですけど、あまりにもこの煽り運転が多すぎて、運転することにも億劫になるし、精神的にもよくないで全くよいことがないため、ステッカーを購入するに至りました。

煽り運転とは?
煽り運転とは、後続の車が前の車と車間距離を詰めて走行する悪質な運転行為の1つです。厳密な煽り運転は、スピードが出ており、かつその上で車間距離を詰める行為が煽り行為であり、また、意図的に車間距離を詰めて相手を不愉快にしてやろうという意思がある場合も煽り運転です。
ただし、低速で走行中、もしくは渋滞中において車間を詰めるのは、厳密には煽り運転には該当しません。また、意図しない煽り運転、たとえばレアなケースですが、制限速度が60キロの道路を40キロぐらいで走行し、明らかに車の流れを乱しているようなケースは、結果的に後続車が車間距離を詰める行為になりますが、これを煽り運転とするかは微妙です。この場合、遅い前の車には譲る義務があり、前の車にもいくらか原因はありますからね。ただし、ここで後車が前車を威嚇するような行動に出た場合、たとえば蛇行運転を行ったり、ハイビームで照らしたりする場合、クラクションを長時間鳴らし続ける行為は煽り運転になります。

高速道路上の追い越し車線で車間距離を詰める行為も煽り運転の1つになりえます。100キロで追い越し車線を走行中に130キロで前車に近づいた場合は、煽り行為になるでしょう。微妙なケースとしては、前に急に割り込んできて車間距離を詰めるケース。前に割り込んだ車にも過失があるものの、その後、それに腹を立てて車間距離を詰めるケースは煽り運転になりえるでしょうが、その後前車が減速したりすれば、また別問題でしょうね。この辺りは少し微妙なところです。

走行車線で詰める車もいますが、前が詰まっているのに詰めてくるようなケースは煽り運転になるでしょう。


悪質なケースとしては上のようなケース。

諸外国と比べると多い。
比較する国にもよりますが、オーストラリア、ニュージーランドと比較した場合、明らかに日本のほうが多いです。向こうで運転していた時は、煽ってくる車が少ないため、日本ほど後続の車間距離は気になりませんでしたからね。日本で運転していると、特に高速道路では、必要以上に後続の車に気を使います。

ステッカーを貼って効果は?
その効果ですが、それなりの効果はあったと思います。詰めてくる人もいますけど道路状況によりけりですし、全体的に自分の実感としては、以前よりも煽る車は減ったと思っています。また、煽る車が減ったことで、運転中の精神的ストレスはかなり減ったと思います。運転の負担が減ったという点においてはその効用は大きいです。

ただし、これを貼っている分、自分自身も安全運転に徹しようという心構えが、以前に比べて強くなりました。そりゃ、カメラ撮影中なわけですからね。これで信号無視なんてできるわけがありません。1つ難点を挙げるとすれば、これをつけて運転をする以上、それ相応の安全運転と、周囲のドライバーを配慮できる運転をする心構えが必要になります。このステッカーを付けておきながら、高速道路を130キロで飛ばしたり、低速で走行したりするのは、逆に反感を買いますからね。

最後にアフリエイトリンクを貼っておきますw


マグネット型、シール型とありますが、私はレンタカーでもこのステッカーを使うのでマグネット型に、また黄色より赤のほうが目立つので、上記のようなマグネットを購入しました。

煽り運転対策としては万全です。ですが、これ煽り運転の根本的な解決策にはなりませんね。一種のお守り様なもので、あくまで自分自身に対しての行為が減るだけです。煽り運転自体はなくならない。悪い言い方をすれば、このようなステッカーに頼らないと安全に走行できない、煽り運転におびえながら運転しないといけないという日本の道路環境はどうなんだろう?と思います。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/26-a0507f67

トラックバック

コメント

[C12] ロシアもドライブレコーダーが必須。

「怖い怖い、車怖い。最悪のドライバーが多い民族トップ10」でもロシアの交通マナーでドライブレコーダーが必須だと言われている記事がありました。
自身でも日本だけでなくドイツ(アウトバーンは必要ですが。)、英国、カナダ以外の国は何処もドライブレコーダーやステッカーが必要だと思います。
例えば、ロシアのマナーの悪さは道路事情が悪くモスクワ等の都市部は渋滞が酷い為、事故が起こりやすい要素があります。
『ロシアで運転。モスクワ地方、ロシアの地域幹線道路。ロシアの道路。パート5』を見ればモスクワ周辺の渋滞が酷い事が分かります。
アメリカも市街地や都市部は日本(スピード厳守と横断歩道では止まるから)より良いが、郊外は強引な車線変更や優柔不断、もらい事故の多さ、ながら運転が酷いからあのランキングで2位に入っていると思われる。
『激録!アメリカ交通警察24時⑦』を見ると分かります。
まぁ日本もロシアもアメリカも英独に比べて良くないのは確かだからドライブレコーダーは基本的には英独以外はドライブレコーダーとそのステッカーは必要だと思う。

[C13]

Youtubeで欧米人が撮影した運転マナー関連の動画が上がっていますが、見た感じロシアでしょうね。あれを見てもロシアの運転マナーは悪いというのが、なんとなく感じられます。英国含め、旧イギリス連邦の国(マレーシアなどの途上国を除く)は、概ね運転が洗練されているので、ステッカーがなくてもよいかもしれませんね。
  • 2016-10-29 22:26
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき