Entries

厚木秦野道路は必要なのか?

厚木秦野道路は、厚木市から大井松田町にかけての国道246号線のバイパス路線として計画されている道路です。
一般道路のバイパス道路ではなく、自動車専用道路の有料バイパスとして暫定2車線で整備される予定であり、新東名、東名と連結してそれら高速道路の補完的な役割を担う道路として機能するようです。

厚木秦野道路計画図
246hadano01.jpg
国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所より引用。

確かにこの区間の国道246号線は、片側1車線かつ市街地を通るため渋滞ひどいうえにバイパス道路も存在しないので、ボトルネックとなっている区間です。静岡県から東京へ下道で移動する際、この区間だけバイパス化されていないので、大井松田~厚木間のみ高速で移動する人もいるでしょう。

そんな道路ですが、個人的は意見としてはこの道路は必要ないと思います。混雑解消のための道路なのになぜ?と思われると思いますが、その理由を下記にあげます。

1.有料道路であり暫定2車線で整備されるから
この路線が、片側2車線かつ無料で整備されるというなら十分利用価値のある道路になるでしょう。しかし有料で整備した場合、その効果は限定的であり、仮にバイパスが開通しても多くの人は現道を利用し続けるでしょう。特に近距離利用では有料道路は使われないと思います。さらに、この道は暫定2車線であり、追い越しができない道路です。対面通行でかつ有料のバイパスではたしてどれだけの人が利用するでしょうか?1日当たりの交通量が1万台以下という状況になりかねません。

2.並行して新東名、東名が整備される(されている)
このあたりは並行して東名高速道路が走っており、かつ将来的には新東名高速道路が建設されます。これだけ高速道路が並行して走っているのに、さらに有料の道路を建設するのか?という状況です。だから必要がない。確かに、補完的な役割を担う道路として必要なのかもしれませんし、あくまで246号のバイパスなのだから東名、新東名とは関係ないと思われるでしょう。

しかし、現在の東名高速道路が比較的国道の近くを通っていることから、使い方によっては東名高速道路だけでも十分補完的役割を担えるのではと思います。この道路を造らずとも、東名にスマートインターなりを設置すれば、十分その機能を果たせますからね。
さらに、東名の南側には小田原厚木道路も走っています。東京都心ほど人口過密地帯でないのに、こんなに4本も高速道路を通す必要があるのか?と思いませんか?

3.東側で246号線と接続していない。
一番の問題は、246号線のバイパスでありながら東側の末端が国道と接していない点です。
246号から129号八王子方面や途中のインターで降りる場合はよいのですが、246号を続けて走行する場合、東京方面を行き来する場合、どこからバイパスに入ればよいのか?ということになります。厚木北インター経由で入るのか?伊勢原西インター~秦野西インター間のみバイパスで、残りは現道を走行し続けるのか?いずれかになりますよね。

国道246号を走る車がどこを目的地としているのか?によりますが、単距離利用も多いし、秦野市、伊勢原市を目的地にする人、厚木市を目的地にする人、通過するだけの人、いろいろいたとしても、このような道路では多くの人は使いませんよね?使ったとしても本来のバイパス効果が半減されます。また、有料道路で整備されるのですからなおさらです。かつての静岡県内の有料バイパスのような、通過交通も一般道を使う状況は変化しないわけです。

ゆえに、この道路が全通しても現道を使い続ける人が多いだろうと予測できるため、この計画のまま道路を作るならいらないというのが結論です。


ではどうしたらよいのか?計画を変更?
個人的な案ですが、いくつかあります。


1.東端を246号と接続し、無料で整備する。
少なくとも246号のバイパスとして十分機能させるには、西側、東側いずれも246号線現道と接続し、かつ有料ではなく無料で整備する必要があるでしょう。これは最低条件だと思います。

2.平面交差でもよいから、一般道のバイパスとして整備する。
この区間は高速道路が重複しているため、自動車専用道路をこれ以上作る必要がありません。それよりは、片側2車線の一般道のバイパスとして整備したほうが良いと思います。そのほうが地元の人たちも利用しやすく、単距離利用者もバイパスへシフトしやすいと思います。その際、東端において厚木市か、もしくは129号との交点付近で246号線と繋ぐ必要があります。

3.道路は建設せず、東名高速道路にバイパス機能を持たせる。
新東名が開通すると、東名高速道路の交通容量は余裕ができます。現在8万台~9万台(1日当たり)ある交通量はこの半分まで減少するでしょう。(ただし、伊勢原JCT以東は不明)
そこで、旧東名高速にスマートインターを建設し、かつ大井松田インターと厚木インターの間を利用する車のみ無料にする、もしくは料金を割り引くという政策をとったらどうか?と思います。
これには秦野中井インターで乗り降りする車も含みます。ただし、それ以外のインターから利用する車(主に長距離を移動する車、新東名を利用する車を除きます。

たとえば、静岡インターから横浜町田インターを利用する車、もしくは静岡インターから厚木インターで降りる車には通常料金を請求し、大井松田インターと厚木インターおよび、大井松田インターと秦野中井インター、秦野中インターと厚木インターのみ利用する車は無料にする。つまり、純粋にこの区間だけを使う車を割安、もしくは無料で利用させてあげるという制度です。


震災時に被災者のみ高速道路を無料化した政策と似たような政策を実施したらどうか?ということです。
今は渋滞を悪化させるだけなので無理ですが、新東名が全通すれば、交通量が減少するのでその政策を実施するだけの余裕ができます。また、この区間は片側3車線なのでほかの路線に比べて余裕があります。さらに、大井松田、厚木インターともに現道とほとんど離れておらず、ほぼ246号に沿って走っているため、バイパス機能を持たせやすいです。

ただし、土日祝日は渋滞がひどいので例外として、平日のみの実施です。無料になるか安くなれば、246号を走る車が東名を使うようになり、結果的に246号の交通量減少に貢献するでしょう。さらに、厚木秦野道路を建設する必要もなくなります。無料化や割引にどれくらいの財源が使われるか不明ですが、新しく道路を建設するよりも、今ある道路を有効利用したほうがお金がかからないと考えれば、こういう政策もアリなのではと思います。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/27-d57039df

トラックバック

コメント

[C15]

1については、走ったことないのでよくわかりませんが、現道改善はバイパス建設より費用も安く、短距離ドライバーへの効用も大きいので良いと思います。
2は、箱根峠がネックになるので、仮にバイパスが無料になっても効果は限定的だと思います。そこで計画中の伊豆湘南道路を伊豆道までつなげて、バイパス化すればかなりの効果が期待でいると思います。

3は走行経験がないのでよくわかりませんが、東名、新東名、246号を通行する車の一部は富士山近辺から首都圏方面へ向かう車もいることを考えると、効果はあると思います。
  • 2016-10-30 21:17
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

[C14] 厚木秦野道路の代わりの代案について

厚木秦野道路は出来ても効果がないのは当然だと思います。
そこで自分が考える案はいくつかあります。
1.神奈川県道22号線の伊勢原~戸塚を全線4車線化。
この区間は出来るだけ、4車線化した方が良いです。
特に厚木市戸田~海老名市東河内は確実に4車線化して流れを良くする。
そして東名や246号の交通を極力、1号線方面に流す様にする。
但し、相模線門沢橋駅付近は高架化しておく必要がある。
2.小田原厚木道路と西湘バイパスは全て無料化する。
この道路が無料化すれば、東名・新東名の沼津以西の車をそちらの流す事が出来ます。
但し、小田原厚木道路は厚木IC付近は渋滞が悪化する恐れがあり。
3.国道413号道志みちを改良して津久井広域道路と接続する。
これが最も効果的な方法で青山交差点の渋滞解消にも役に立てるでしょう。
これが出来れば道志みち~圏央道相模原ICまで時間が短縮、及び中央道や東名をこちらに移行させる事が出来る。
国道412号以東は4車線、それ以西は2車線で整備すれば413号の渋滞も緩和できるでしょう。

この3点が私的な効果的な考えです。
特に3番は、東名と中央道の渋滞を緩和させる手っ取り早い手段だと思います。
ただ、神奈川県は23区(特に東部や南部の下町)や埼玉のドライバーに比べるとマナーが悪く、追い越し車線の右折や自転車軽視、右左折での信号無視が常態化しているのが気になります。
それでも西東京(23区西部や多摩地区)に比べたら他車への配慮は出来ているから、その点はマシですが、右折レーンが渋滞する事もしばしあります。
なのでランドアバウトが出来るならやって、幹線道路は極力、陸橋を作った方が良いと思います。
八王子バイパスも無料化した訳だから、神奈川の有料バイパスは新湘南バイパスと第三京浜道路を除き(西湘、小田厚、横浜新道、真鶴道路、横浜横須賀道路)行った方が良いと思います。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき