Entries

愛知県の道路環境の良さ。

愛知県は、ほかの地域と比べて道路環境がとても良いです。ここいう道路環境とは運転マナーではなく、道の広さや渋滞などに関してです。愛知県の運転マナーが悪いのは誰もが思うことであり事実なのですが、それについてはここでは語りません。あくまで愛知県の道路環境についてのみ焦点を当てていきます。

京阪神や首都圏と比べて自動車の保有台数も多いため、ある程度整った道路環境が必要なのでしょう。名古屋を中心に多車線道路が多く、名古屋の中心部では片側3車線は当たり前、広いところでは5車線以上にもなる場所があり、さらに郊外の道路でも、直轄国道はもちろん、一般国道や県道においても片側2車線以上で構成されている道路が多いです。
r1 in nagoya (2)
名古屋市内の19号線。名古屋を代表する幹線道路。

r1 in nagoya (1)
名古屋市内の国道1号線。片側4車線以上からなる道路です。

r154.jpg
国道154号線。名古屋港へのアクセス道路で、幹線道路的なポジションではないですが、このような道路ですら片側3車線で整備されています。

愛知県蒲郡市内の県道。衛星都市の道路でもこのように2車線の道路が多い。
gamagoriroad.jpg



r1 intoyokawa
豊川市の国道1号線。愛知県三河地区の1号線は豊明市から静岡県の県境まで断続的に片側2車線となっています。岡崎・豊橋で市街地を通過するものの、基本、上記のような感じの道路が続きます。これ、地方の道路ならバイパスになっておかしくないような道路ですよね。一部の地域では、このような片側2車線、平面交差ありの道路をバイパスとよび、それが部分開通のみ、ようやく全通してバイパスになった路線もあるくらいです。さらに、この道路に並行して、名豊国道(23号線のバイパス)が建設されており、これが旧道という位置づけなのです。


地方では、広い道路は片側2車線で、幹線道路は1車線という状況がデフォルトでありそれと比較すると、名古屋の道路環境は非常に恵まれているということがわかると思います。
shizuokaroad.jpg
名古屋との比較。静岡市内の国道362号線。片側2車線だが、名古屋市内の道路と比べると明らかに狭い。

yamanashiroad.jpg
名古屋との比較その2。山梨県甲府市内の県道。名古屋ではここまで狭い道路は見なかった気がする・・・。、比較にならないくらい道が狭いというのがわかると思います。

同じ中部圏で比較してみましたが、たとえば名古屋よりもさらに大きい大阪市と比較してみると以下のようになります。
oosaka.jpg
大阪市内の国道479号線。大阪市内には御堂筋や阪神高速下の道路のように広い道路は存在しますが、それでも全体的には狭い道路が多いです。この道の広さは大阪では平均的な道の広さでしょう。右折レーンのないイナイチはこれよりも道が狭いです。

神戸市へ行くと少し道が広くなりますが、それでも名古屋よりは狭いです。京都は言うまでもなく狭いです。

まあ、狭いというより、名古屋以外の道路の広さが、おそらく日本全国の平均的な道路なのだと思います。名古屋が広すぎる。ちなみに、愛知県意外にも隣の三重県や岐阜県も全体的に多車線の道路が多く、走りやすい道路が多いです。
r23 ise
三重県伊勢市の国道23号南勢バイパス。10万都市のバイパスで片側3車線というのは珍しい。


極み付けは、国道23号線の名四国道および名豊国道ですね。名四国道の名古屋~豊明間は片側3車線からなり、動画の区間は信号のない高規格道路、その上に片側3車線の伊勢湾岸自動車道が走っているという構造です。動画を見ただけでも、かなり異質な雰囲気が漂っているのかわかると思います。その先にさらに名豊国道という準高速道路のようなバイパスが走っているので、名古屋の道路環境は相当恵まれていると考えて良いと思います。

なぜここまで道路環境が良いのか?


自動車会社トヨタのお膝元というのもありますが、戦後道路設計に携わった田淵寿郎の功績が大きいでしょう。彼は戦後、モータリーゼーションが進行する以前から、自動車社会の到来を予測して、多くの住民の反対にあいながらも市内に広い道路を建設した実績があります。市内の100メートル道路などは彼が提案したものです。

現在では、彼の予測通りに車社会となり、道幅の広い道路が自動車交通の円滑化に貢献しており、それが、愛知県、敷いては東海3県の道路整備に貢献したと思われます。

参考文献;土木技師・田淵寿郎の生涯土木技師・田淵寿郎の生涯


道路環境の良さがもたらしたもの


この道路環境が大都市にも関わらず、首都圏や関西圏ほどの渋滞悪化を招かず、名古屋都市圏の車社会に大きく貢献したのは言うまでもないでしょう。しかし、道が広いことでスピードを出す車が増え、運転の荒い車が増えてしまったことも現実です。

個人的な感想としては、車で運転する側としては、名古屋都市圏はほかの地域と比べて運転しやすいです。市内はもちろん、郊外でも主要な路線以外の県道も片側2車線がデフォルトですからね。
狭い道が多い上に、渋滞もひどい、バイクが車の間をすり抜ける首都圏や、道が狭い上に運転マナーも悪い関西と比べると、その差は大きいです。ただし、名古屋市内は交通量も多く、マナーも悪いので例外ですが、それでも東京や大阪よりは敷居は低いでしょう。

運転マナーが悪い点については、反面教師でしかありませんが、道の広さ、道路整備:主要な路線はすべて片側2車線以上で整備する点に関しては、日本の他の地方が見習うべき点は多いと思います。ただし、その反動なのか、高速道路に関しては東名・名神の幹線道路でも片側2車線なのは否めませんね。伊勢湾岸道ができるまで3車線の高速道路ってありませんでしたからね。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/28-624cd45a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき