Entries

高速道路の速度規制は何キロが良いのか?考える。

前回の記事の続きです。おもに日本の速度規制は多くの場所で低く設定されており、にもかかわらず多くのドライバーがそれを無視し、本当に危険な場所でも、スピードを出して走る車が多いということを書きました。ここでは、高速道路の規制速度について何キロが妥当か?考えていきたいと思います。

なお、この話をする前に、前提として現在の+10や+20キロならOKという暗黙の了解を廃止する必要があります。数キロ(1キロ程度)の速度オーバーであれば、誤差ということで大目に見ても良いと思いますが、少なくとも欧米諸国のようにもっと厳格に取り締まる必要があります。これが実現しない限り、規制緩和をしても、車の平均速度が上がるだけで、全く効果がないからです。今のまま、新東名が110キロまで緩和されたら、おそらく、150キロ以上で走る車が増えるでしょう。

高速道路は100~110キロの規制速度が理想
都市高速や線形の悪い高速道路、暫定2車線の高速道路、高規格道路を除き、100-110キロの規制が理想的でしょう。もしくは、走行車線を100k/h、追い越し車線を110k/hとしてもよいと思います。

現行では制限速度は100キロなので、これを厳密に守るとすれば走行車線で走る車の最高速度は100キロです。ただし、状況によってはこちらが100キロで走っていても100キロの車を追い越すケースがあります。そういう時に、すぐに追い越すためにはどうしても速度を100キロ以上出さねばならず、110キロぐらいまでは必要です。追い越し車線のみを110k/hにするのはそれが理由です。実際に多くの高速道路の実勢速度も実感では90-110ぐらいであり、それを踏まえても110k/hが妥当です。

speedlimit100k.jpg
こういう道では100-110キロがアベレージ。


ただし、東名の名古屋周辺や首都圏近郊のような交通量が非常に多く、渋滞が多い場所は100キロのままでよいでしょう。こういう場所は交通量が多いため100キロ以下の車の流れになってしまうからです。また、中国道のようにカーブが多い路線も100キロ規制にした方がよいでしょう。

meishininkyoto.jpg
名神高速道路京都付近。交通量の多い道路はそもそも100キロで走れない。

都市高速道路は60-100キロに引き上げる。
首都高速や阪神高速、および福岡都市高速のような道路は、80キロ程度まで引き上げてよいでしょう。一部では実際に80キロの区間もありますし、多くの車は平均80キロ、およびそれ以上の速度で流しています。海外の都市部にある高速道路も多くが80k/hに制限で、おそらくこの速度がスタンダードなのでしょう。ただし、都市高速は危険な箇所も多いため、危険な場所は引き下げたほうが良いかもしれません。たとえば、阪神高速都心環状のような道路は、車線変更が多いので80キロで走れても、あえて70キロまで引き下げます。

首都高速は一部路線で60キロ規格の路線があるそうですが、実際多くの車はその速度を超えて走っています。そういった部分は70キロまで引き上げてよいでしょう。

一方で首都高速湾岸線のように線形がよく走りやすい道路は100キロまで引き上げても問題ないと思います。

ちなみに、名二環や東京外環道、札樽道、近畿道のようにインターが多く、都市高速的役割を持っている環状道路路線は60キロの区間が多いみたいですが、80キロ程度が妥当です。
toshikosoku.jpg
阪神高速道路。こういう道で100キロは危険。場合によっては70規制も必要。

新東名・新名神などの線形が良い道路は110キロ-120キロ。
新東名や新名神は線形がよく120キロで走っても安全に走れるようにできています。そのため、120キロまでの引き上げは良いと思います。ただし、新東名についてはトラックの交通量が多いことを考えると静岡県内は6車線化した上で引き上げが必要です。現状の状態では、80キロで走るトラックも多いため、規制速度の引き上げは危険です。また6車線化の見込みのない新東名愛知県区間、新名神は110キロでも良いかもしれません。

shinmeisin.jpg
直線が多く、アップダウンも少ない新名神。3車線あれば、120キロ走行も可能。

暫定2車線の高速道路は90-100キロまで引き上げ。
対面通行の高速道路でも設計速度は100キロが多いです。よって100キロで走っても安全に走れるようにできています。よく正面衝突の危険があると問題視されますが、欧米では対面通行100キロの道路は普通にあります。ニュージーランドなんてどこも対面で100キロで、そこを反対車線から追い越しをかけるという光景が日常的です。

ただし、安全性を考慮するのであれば90キロとして、追い越し時にのみ100キロで可能にするという規制が合理的でしょう。なお、完成2車線で中央分離帯が完備している路線はそれを踏まえて100キロまで緩和しても良いと思います。


JCTやインターの速度の緩和
インター付近やジャンクションなどのカーブが多い道路などは40-50キロになっています。しかし、これはあまりにも低すぎます。現状+20キロで走っても、それを超えて走る車が多いのが実情で、もう少し規制緩和すべきでしょう。具体的な数値はジャンクションやインターによって異なりますが、概ね60-70、線形が良ければ80-90キロまで可能です。
interchange.jpg
出口付近。80-100キロからいきなり40キロまで下げろというのははっきり言って無理。


以上まとめると高速道路の規制速度は100k/h~110k/hが妥当で、可能であれば120k/hで良いということと、都市高速などの規格の低い道路は60k/h~80k/hが妥当ではないか?ということです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/35-a2602e28

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき