Entries

一般道の制限速度について考える

次に一般道制限速度について考えてみます。一般道法定速度60キロとなっており、どのような道路であっても60キロを超えて走行することはできません。一部例外で70キロや80キロで走れる道路もありますが、数は少ないです。自動車専用道路においてはその限りではなく、70キロ~100キロで走れる区間も存在します。

なお、規制速度の緩和を考えるにあたり前提として、現在ある規制速度+10k~+20k程度の速度違反は見逃す制度は廃止する必要があります。あくまでも、厳密に規制速度を守り、それを超えて走るドライバーは取締りを受けるという欧米のような形に変える必要があります。

市街地の道路の規制
一般道の場合、道路事情が複雑なこともあって一概に何キロにすればよいとは言えません。市街地の場合は、多少低めの規制、現在のような規制速度でも安全を考慮すれば理にかなっているといえ、このままでも問題ないケースが多いでしょう。
ある程度の基準を設けるのであれば、住宅街や裏路地の狭い道路は20-30キロ。対面通行の確保されている道路は40-60キロ。片側2車線以上ある道路は50-60キロがよいでしょう。
それでも、その規制より+10キロで走る車もいたりして、規制速度と実勢速度があっていない道路も数多く存在します。そのため、市街地の場合は規制速度の見直しはもちろんですが、いかにドライバーに速度を守ってもらうようにするか?を考えたほうが良いでしょう。

>road in town
街中の道路、このような1車線の道路は40-50kが望ましい。

road in city
市街地の道路だが、片側3車線ある。このような場合、実勢速度は50-60kなので、規制速度もそれくらいが望ましい。また店舗に入る車の多い左車線のみ50キロにして、それ以外の車線は60キロにするという発想もある。

高規格道路・自動車専用道路の制限速度
一般道路の中で特に規制速度と実勢速度の乖離が激しいのはバイパスなどの高規格道路、自動車専用道路です。法定速度は60キロですが、実際、それ以上の速度で走っている車が多いのが現実です。場合によっては赤キップの速度違反になる+30キロを超えて走る車も見られ、規制速度が全く実態にあっていないケースが多くあります。規制を見直すとすれば、この部分ですね。

70-100キロまで規制緩和可能。
信号がない、平面交差がない、道路とは全て立体交差で構成しているバイパスのような道路は設計速度80キロで作られている道路がほとんどなので、このような道路は80キロ規制にすべきだと思います。

bypass.jpg
愛知県の名豊国道。名古屋から蒲郡まで信号のない高速道路のような道路。このような道路は制限速度80キロでも問題ない。

規制緩和として、国道2号の岡山バイパスや国道7号線の新潟バイパスなどが70キロになりました。しかし、これら道路も同様に高速道路のように信号や平面交差がなく、単に設計速度が低めに設定された高架道路なので80キロまで速度緩和が可能でしょう。
なお、設計速度以上の速度でも安全に走れる道路は数多くあり、実際は設計速度が80k/hであっても100k/hの規制をかけることは可能です。設計速度は安全にその道路を走れる速度ではあるのですが、この速度を超えたら安全に走れなくなるということを明確に規定しているわけではないので、より速い速度で安全に走れるのであれば、80k以上の規制速度を設定すべきでしょう。詳しくは下記の記事を参考にしてください。
設計速度に関する参考記事:争点は速度規制の合理性と取締りの妥当性

信号、平面交差のあるバイパス道路の規制速度
速度を出して走れるバイパスでも、平面交差や信号のあるバイパスもあります。このような場合はどうでしょうか?このような道路でも設計速度が80キロに設定されています。よって80キロに緩和しても良さそうですが、曲がる車や裏道、店舗から出てくる車などがいることを考えるとそうはいきません。


このような道路の実勢速度は、沿線が市街地化している場合は60-70キロぐらいで、そうでない場合は70-80キロぐらいで流れていることが多いです。それを踏まえると道路状況に合わせて60-80キロに設定するのが理にかなっていると思います。

bypass2.jpg
たとえば、上記の道路は設計速度80キロ、片側2車線以上ですが、ところどころに信号が有り沿線に店舗が多い道路です。80キロはさすがに危ないでしょうが、70キロまでなら緩和しても問題ないと思います。また、左車線のみ60キロにするという発想もあります。

海外の例を挙げてみると、たとえばオーストラリアでは市街地の多車線道路で信号や平面交差の多い道路でも70-80キロ規制になっている道路が多くあります。
sydneyroad
オーストラリア、シドニーの一般道。信号つきの一般道ですが、周辺に店舗も少なく、障害になるものが少ないため70キロになっています。動画版として視聴したい方はこちらへ

80kroad
同じくシドニーの道路。一般道でもバイパスのような道路は障害になるものが少ない上に、左折レーン、右折レーンが完備しているため制限速度が80キロになっています。

オーストラリアは日本と道路事情がほとんど同じであり、大陸国家、高速無料、ラウンドアバウトが多い点などを覗くと参考に出来る部分はいくつかあります。これらを参考にすると、少なくとも信号のある道路でも、80キロぐらいまでなら緩和できるということになるでしょう。

bypass3.jpg
バイパス道路ですが、信号がある以外は特に障害となるものがない例。交通量も少なければこういう道路であれば80キロまで緩和しても問題ない。

郊外の道路(幹線道路)
最後に考えるのは市街地ではない郊外の一般道路(主要幹線道路)です。片側1車線ですが交通量がそこそこあり、その地域の大動脈ともなっているような道路です。たとえば村上~鶴岡にかけての国道7号線のような道路ですね。
route7.jpg
1車線だが、幹線道路なので比較的設計速度が高く、安定して走れる道路。このような道路は何キロが望ましいか?

郊外の道路は交通量が少ないところもあるため、車の実勢速度が何キロなのか測定することは難しいです。法定速度は60キロですが、それを超えて走る車が多くいるのが実情です。傾向として、その沿線に住む住民は速度厳守しますが、特に長距離を移動する車の場合は70-80キロ、ケースによっては高速道路と同じくらいの速度で走っている車もいます。

100キロで走る車は論外として、60-80キロ程度であれば、それが実勢速度になっていることが多いです。郊外の道路は設計速度は60キロになっていることが多いですが、地域によって異なり、上記の画像の新潟や、東北、北海道の道路は比較的広く作られています。もっとも、これは積雪による雪の置き場所を確保する目的なので、設計速度が高いわけではないでしょう。

スピードが出せる道路ではない。
郊外でもところどころに民家があったり、狭い路地への交差点があったり、集落があったりしますので、高速で走ることは難しいです。
オーストラリアや諸外国の例を挙げたいのですが、これはあまり参考になりません。なぜなら、海外の場合、集落とそうでない場所がはっきりしており、集落は60キロ、郊外は100キロとはっきり速度が分けられているからです。
日本の場合、市街地と郊外の差が曖昧で、集落のない区間が長く続く区間はほとんどありません。よって一律に80キロにしたりすると、かえって危険な道路状況を招く事態になりかねません。
road in rural
市街地を抜けても郊外ではこのような道路環境が続く。ここを80キロで走るのはいかがなものか?

これらのことを総合的に考えた場合、集落を通る部分は市街地と同様の規制をかけ、郊外は60-70キロ程度の規制にするのが望ましいと思います。ただし、北海道のように道路規格そのものが高ければ、郊外の一般道でも80k/まで緩和することは可能でしょう。

まとめると、
信号のない高規格なバイパス、自動車専用道路は80キロまで緩和しても問題ありません。
そうでない普通の道路の場合、その道路状況と実勢速度によって20-70キロに設定するのが、日本の道路環境にあった合理的な規制速度だと思います。

まとめ
これまで、規制速度について記事を書いてきましたが、それら表にまとめると以下のようになります。
2016y12m06d_100009950.jpg

上記のような速度規制が世界標準から見ても平均的で、かつ日本の道路事情にあっていると思います。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/36-8d718fe7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき