Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/42-b34682c3

トラックバック

コメント

[C27] Re: 特に西東京と千葉が渋滞が酷い気がする。

多摩地区は走ったことがないのでなんともいえませんが、首都高速が通っていないことを考えると、あまり道路事情がよくありそうにないです。千葉県も同様に、特に6号線沿いの地域は主要な路線が国道6号線しかないので、東京外環と共に、首都高の延伸は必要だと思います。

個人的には、さらに神奈川県もあまり道路事情が良くないと思います。理由は渋滞のひどさと高規格道路が十分に発達していない点が上げられます。武相幹線や首都高K7号の開通や、横浜青葉方面への首都高延伸、さらには新湘南バイパスと西湘バイパスをつなげて、連続で高規格道路にする必要があると思います。
  • 2016-12-27 20:42
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

[C26] 特に西東京と千葉が渋滞が酷い気がする。

首都圏でも特に西東京(多摩地区)と千葉県が渋滞が目に見えて酷い気がします。
多摩地区は南北の鉄道(事実上は南武線・武蔵野線のみ)が不足しており、尚且つ片側1車線の道路が多く、3車線以上の道路は多摩ニュータウンを除いて殆ど存在しない状況です。
千葉は鉄道は発達しているが、道路は非常に貧弱で湾岸線や国道6号を除いて殆どが片側1車線で右折レーンが存在しない道路が圧倒的に多くそれが渋滞を引き起こしています。
千葉県の場合は外環や圏央道は必要になるし、多摩地区は調布保谷線などの南北を結ぶ道路整備や一部の信号機を撤去する方向に持ち込む必要性があると思います。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

首都圏の醜い交通渋滞はどうしたら解消できるか?考えてみる。

日本の中で一番交通渋滞が醜い地域は、東京とその周辺の地域でしょう。具体的には首都圏とされる神奈川、東京、埼玉、千葉などです。休日の高速道路の渋滞は多くの人が知るところですが、朝夕の通勤時間帯や日中の時間帯でも渋滞がひどいです。1キロ進むのに1時間かかることも少なくありません。

日中の首都高速の渋滞はわかりやすい例ですね。最近は中央環状線の開通で幾分よくなりましたけど、それでも郊外から都心まで断続的に渋滞し、都心に入るだけでも1時間かかるということが多いです。
2016y12m25d_215607584.jpg
東名高速の渋滞情報。これは平日の夕方に撮影したものですが、平日ですらこの渋滞ですからね。これはまだ良い方で、常磐道~首都高6号の渋滞で通過に90分ということもありました。地方では名古屋、関西圏を除けば、ここまで渋滞することはないです。

大都市圏同士で比較しても、関西圏や名古屋の方がまだ渋滞はひどくありません。関西圏も渋滞はありますが、渋滞のひどい路線は限定的で、そこさえ回避すればそんなに渋滞しないです。阪神高速の渋滞も渋滞こそしますが、首都高速の混雑ほどではありません。名古屋は道が広いので、交通量が多くてもそれを捌けるだけの十分なキャパシティを持っています。名古屋高速に至っては渋滞することはあまりないですよね。

どうしてここまで渋滞が多いのか?
単純に考えて、人口、自動車の交通量の絶対数が多いのが最大の理由でしょう。また、首都圏だけでなくその外縁(静岡や北関東)も人口が多いので、外から来る車が多いという点もあるでしょう。
trafficjam r-1
片側2車線あっても、交通量が多いので日中はいつも渋滞。

首都圏の人口は、東京だけなら1100万人ですが、それに神奈川、埼玉、千葉などの首都圏を含むと3500万人になります。京阪神は神戸、大阪、京都を合わせて1800万人。名古屋は900万人。福岡は北九州都市圏と合わせて500万人です。首都県の人口は、世界最大の都市圏であるニューヨーク1900万人を遥かにしのぎます。中国の上海や北京でさえも2000万程度で3000万は超えていません。オセアニアのシドニー(500万)、オークランド(150万)なんて話にならないでしょう。それだけ人が多く、車の量も多いんです。

首都圏の道路事情は決して悪いとは思いませんが、車が多すぎるために、いくら道路を整備しても交通量がそれにおいつかないため、渋滞がひどくなるのでしょう。

どうしたら交通渋滞を減らせるか?なくせるか?
人口が100万人程度の都市であれば、一般的な解決策(公共交通機関利用促進・道路建設など)を実行するだけでよくなると思いますが、これだけ大きな都市規模の場合、難しいと思います。いくつか解決策を提案してみます。

・鉄道やバスなどの公共交通機関の利用者を増やす。
公共交通機関、おもに鉄道や地下鉄の利用を促進させる、新路線を建設するという点です。しかし、新しい鉄道を作る提案にしても、東京の場合、もう十分に各地域に鉄道が走っているし、朝夕の時間帯はそれすらもキャパシティオーバーでひどい混雑に見舞われます。利用促進といっても、もう十分に利用されていると言ってよいでしょう。バスは渋滞がひどいから論外ですし、これだけでは、交通渋滞を解決させることは不可能でしょう。

もっとも、バスに関しては改善の余地がありそうで、都内の道路にバス専用レーンをもっと増やし定時制を高めるという方法などはありそうです。BRTやLRTを建設するという方向性もあります。ただし、短期的に見ると車線を減らすなど、自動車交通を制限する形になりますから、混雑がさらにひどくなる可能性もあります。

・新しく道路を造る。
中央環状線の開通が首都高速の渋滞緩和に大きく貢献したことを考えると、新しい道路の必要性は低くないでしょう。圏央道が全通し、東京外環道も開通すれば、東京の渋滞は減るはずです。しかし、これでも完全に解消するかといえば難しいですし、新たな渋滞ポイントが出てくる可能性もあります。首都高速に関して言えば、練馬線の関越道接続や、目黒線の第三京浜接続、上野線の延伸、西多摩方面への首都延伸などは一般道や並行する路線の混雑解消に貢献するため、可能であれば建設をした方が良いでしょう。

ただし、道路1本を建設するにしても兆単位のお金がかかるケースもあるので、できる限り建設コストを減らす方向性も考えていく必要があるでしょう。


参考記事:中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに

フランスではトンネルを1本掘り、トンネル内の高さを低くしたうえで1本で上下を運用するトンネルが建設されています。記事にもあるように、これであればコスト削減が可能です。大型車が通行できないことや、大型車の通行をどのように規制するかという問題はありますが、新線建設には検討されて良いと思います。

参考動画:フランスの乗用車専用トンネルA86号、他の方の動画です。

交差点の立体化、車線増加を行う。
現在ある道路をできる限り改良することも必要だと思います。おもに幹線道路については立体化や車線を増やすなどの対策が必要です。たとえば国道246号線は渋滞がひどい道路ですが、渋滞がひどいポイントはおおよそ信号のある交差点であることが多いです。というより首都圏全体の渋滞の多くは信号待ちによる渋滞でしょう。難しいと思いますが、厚木から東京都境まで立体化などで信号のない道路にしてしまえば、かなり道路事情は改善されます。

また車線を増やす必要もあります。中央道の八王子~高井戸や東名の厚木~東京など、多少路肩を狭くしても、制限速度が低くなっても1車線増やした方が良い路線はいくつかあります。。このような施策は、外国の大都市でも普通に行われています。1つ車線が増えるだけで、随分流れが良くなるはずですから、検討されて良いと思います。なお、その案の1つとしてスマートモーターウェイという方式があります。詳しくはこちらのサイトを参考にしてください。自分のサイトでもこちらで紹介しています。

ロードプライシングの導入
これは都心へ入る車に対して料金を課すという制度で、外国の主要大都市で導入されています。しかし、私はこれには賛成できません。そもそも高速道路で高い料金を徴収しているのですから、それが実質ロードプライシングのようなもので、これ以上ドライバーからお金をふんだくるのか!と批判が出るからです。ただし、高速道路ではなく一般道でのみ行われるのであれば、検討の余地はあると思います。

・首都移転(東京一極集中の解消)
一番の対策はこれだと思います。おそらく、いくら新しい道路を建設しても、鉄道が開通しても、立体交差や多車線化を進めても、改善はされるでしょうが多少良くなる程度だと思います。それだけ人も車も多いわけで、それを踏まえると首都の機能を人口の少ない地方に移転させて、東京に集まる人、車を分散させるしか方法はないと思います。

まとめ
以上まとめると、必要な部分においては道路建設は必要で、今後も新規路線を建設していったほうが良いでしょう。これについては、他の都市で行われている政策も参考にしながら行うのが良いと思います。

建設費用がかかるとか、トンネル工事が必要とか言われますが、道路に関しては必要だと思います。東京のように都心に高速道路が乗り入れている例はあまり多くありません。それはある意味で世界に対するアピールにもなります。日本の建設技術を最大限活用して、都心部に道路を建設し、それが渋滞緩和に大きく貢献したとなれば、多くの都市に模範にされます。人口が3500万人もいるのに渋滞が少ない都市となれば、多くの人達が注目するでしょう。

細かい部分における立体化や車線増加も必要で、さらには幹線道路における信号の長さの調整、一般道の高規格化なども渋滞緩和に貢献するでしょう。それでも渋滞がひどければ、ロードプライシングの導入も検討していくべきでしょうし、LRTやBRTの建設など、それ以外の政策も同時並行して進めていくべきだと思います。

しかし、一番の重要なのは東京への1極集中を改善させることで、本質的にはこれが一番交通事情の改善に効果があるのではないかと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/42-b34682c3

トラックバック

コメント

[C27] Re: 特に西東京と千葉が渋滞が酷い気がする。

多摩地区は走ったことがないのでなんともいえませんが、首都高速が通っていないことを考えると、あまり道路事情がよくありそうにないです。千葉県も同様に、特に6号線沿いの地域は主要な路線が国道6号線しかないので、東京外環と共に、首都高の延伸は必要だと思います。

個人的には、さらに神奈川県もあまり道路事情が良くないと思います。理由は渋滞のひどさと高規格道路が十分に発達していない点が上げられます。武相幹線や首都高K7号の開通や、横浜青葉方面への首都高延伸、さらには新湘南バイパスと西湘バイパスをつなげて、連続で高規格道路にする必要があると思います。
  • 2016-12-27 20:42
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

[C26] 特に西東京と千葉が渋滞が酷い気がする。

首都圏でも特に西東京(多摩地区)と千葉県が渋滞が目に見えて酷い気がします。
多摩地区は南北の鉄道(事実上は南武線・武蔵野線のみ)が不足しており、尚且つ片側1車線の道路が多く、3車線以上の道路は多摩ニュータウンを除いて殆ど存在しない状況です。
千葉は鉄道は発達しているが、道路は非常に貧弱で湾岸線や国道6号を除いて殆どが片側1車線で右折レーンが存在しない道路が圧倒的に多くそれが渋滞を引き起こしています。
千葉県の場合は外環や圏央道は必要になるし、多摩地区は調布保谷線などの南北を結ぶ道路整備や一部の信号機を撤去する方向に持ち込む必要性があると思います。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。