Entries

高速道路を無料化【交通量の少ない道路を無料に】

高速道路無料化についての自分の考えを書いていきます。
私は無料化推進派であり、高速道路の無料化はすべきだと思います。かつて民主党が交通量の少ない区間を中心に、高速道路を無料にする政策を行いましたが、あのような施策はおおいに歓迎です。交通量増加などの一部でデメリットもありますが、それ以上に様々な面でメリットがあるからです。ただし、全ての高速道路を無料化するという意見については賛成できません。特に交通量の多い路線、かえって渋滞が悪化し、高速道路としての意味をなさなくなってしまうからです。

また、世界的に見ても高速道路を無料にしている国では有料化の動きが出ています。例えばドイツではアウトバーンの有料化を検討していますし、アメリカのインターステイトハイウェイでも有料化の施策がでてきています。これは老朽化した道路の補修コストが増えるからというのが主な理由です。首都高速でも老朽化が問題になってきていますよね。

これらを踏まえると、高速道路無料化はしつつも、路線を限定して無料にする必要があると思います。

私の考えとしては、交通量の少ない道路、具体的にはおおまかな基準として交通量が2万台に満たない路線を中心に無料開放して、それ以外は有料化を継続するという考えです。

自分の走行実績から見ると、少なくとも交通量が2万台を超えている路線は、それなりに車が走っています。しかし、1万台程度になると、かなり交通量がまばらになり、走っていて全くストレスを感じません。多少増えても問題ないと思うレベルです。
traffic under10000
交通量1万台以下の宮崎自動車道。車の往来はほとんどありません。

2万台程度では、時々詰まることはあっても概ねスムーズに走れます。ただし、交通量が増えるとちょっと走りにくくなるかな?というレベルです。
traffic around 20000
交通量2万台前後の中国道下関~山口間。ひっきりなしではないが車の通行は多い。


3万台を超えると、車がひっきりなしに走っているレベルで、これは無料化したら確実に流れが悪くなるだろうというレベルです。例えば新東名開通後の静岡県内の東名高速道路は、平均約3万台の交通量があります。
traffic over30000
交通量が3万台を超える東北自動車道福島県区間。車が詰まることも。

太平洋ベルト地帯を除く地方で人口の少ない地域の道路を中心に無料になる
この基準を満たしている高速道路は、主に人口の少ない地域を走る高速道路です。具体例を上げていくと
九州では大分自動車道や宮崎自動車道、東九州自動車道など。四国は高松~松山間を除く、ほぼすべての高速道路。中国地方は山陽道を除くほぼすべての路線。近畿、中部、関東では東海北陸道の一部や、中部横断自動車道、能越自動車道、北陸自動車道の一部などに限られます。交通量の少ない路線は多くありません。一方で、東北地方は東北道を除くほとんどの路線が対象になり、北海道に至っては札幌近郊を除くほぼすべての路線が対象になります。

つまり、人口の少ない地域が対象になります。

交通量2万台以下を目安に高速道路が無料化可能な路線
linehyimg0.png
赤が無料化可能な路線。

高速道路無料化のメリット
このような形での高速無料化のメリットは以下のようなものがあります。

1.一般道の交通量減少。高速道に交通量が転換される。
2.高速道路が幹線道路としての機能を持ち、長距離運転のストレス軽減。
3.一般道の交通量減少で住宅地や市街地などで、交通事故などの減少。
4.観光や工業などにおける経済の活性化。


特に、高速道路が並行する国道や県道の幹線道路としての機能を持つ点は大きいと思います。
世界的には高速道路が中長距離における幹線道路的役割を果たし、国道や県道は完全にローカルの移動のみに限定されています。しかし、日本の場合は、中長距離の役割の一部を国道や一部の県道が担っています。高速道路は何かというと、高いお金を払って飛行機で移動するような…そんな感じです。

そのため、高速料金を節約するため、地域外からきた車がその道を通過目的だけに走るような状況が日常的にあります。そのような車の多くが市街地や宅地の道路であるにもかかわらずスピードを出して危険な状況を作っていたり、地元の遅い車を煽ったりしているのが現実です。高速無料化はその問題を根本的に解決することになります。
track on the narrow road
高速料金節約のために県道をひたすら走るトラック。高速道路が無料になれば、このようなトラックはいなくなる。

無料化のデメリット
一方で、無料化によるデメリットも考えていきます。

1.高速道路の交通量が増加。混雑激化。
ただし、無料化する路線を交通量の少ない路線限定にするため、この問題はさして大きな問題にならないと思います。問題になるとすれば、観光地へ向かう高速道路において休日に混雑が激化する点でしょう。

たとえば、東海北陸道は普段は交通量が少ないものの、土日になると渋滞を引き起こします。また全体的に休日の高速道路は、交通量が多くなる傾向にあります。この対策としては高速無料化は平日のみにして土日祝日、年末やゴールデンウィーク、お盆は有料化を継続する必要があります。休みの日は平日に比べて交通量が増えますから、現在の政策のように休日に安くするよりも、むしろ割高にした方が渋滞緩和という点において理にかなっています。

2.高速料金収入の激減。税負担などの増加。
無料化した分の収入がなくなります。そのため、変わりに今まで料金収入で補っていた維持費などの支出を税金やその他で補充する必要があります。日本政府の借金が膨れている現在の状況を考えると、この分が賄えなければ国の支出が増えるだけで、意味がありません。

しかし、無料化する路線はもともと料金収入の少ない路線でもあり、割合は高くありません。その他の無駄な支出を省く、もしくは現在のETC割引制度を廃止しその分を当てることで、予算の確保は可能だと思います。

以上が高速道路無料化に対する考えです。もっとも地域によって状況は千差万別であり、交通量だけでなく地域の交通実態を見たうえで判断する必要があります。地域ごとの考察については別の記事で書いていきます。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/47-c8e35d2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

hiro1100

Author:hiro1100
Hiro 1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき