Entries

高速道路のナンバリング案;現行の案は愚策ではないか?

高速道路ナンバリング案が提示され、今年2017年より番号を導入することが決定したようです。この高速道路ナンバリング案ですが、具体的に説明すると以下のルールに沿って作られています。

・先頭にアルファベットE(ExpresswayのEから取って)をつけて後ろに番号を付ける。 E1 E10。

・並行する国道に沿って番号を付与する。  東名高速道路国道1号に並行するので、E1。

・3桁国道に並行する高速道路は2桁の59番号以降の番号を付与する。 日高自動車道→国道235号に並行するが、番号はE63。

・3桁国道に並行する路線のうち、一部をファミリー化して同一番号を付与する。 大分・長崎自動車道→E34。


・新東名、新名神、伊勢湾岸道のように既存の高速道路に並行する高速道路は、数字の後ろにAを付与する。例;新東名 E1A

・環状線はEではなくCおよびRのアルファベットを使う。
圏央道、東京外環道は首都高の番号に関連させてC4.C3.名二環と東海環状道はRを使用しR2.R3とする。

2017y02m13d_115521200.jpg
高速道路ナンバリング案。国土交通省のナンバリングの資料より参考

なぜナンバリングを導入するのかという点については、レンタカーを借りて旅行する外国人のため、というのが理由です。現在の道路名称だけの案内では、特に漢字文化に馴染みのない国からきた人にはわかりにくいからです。

レンタカーで旅行する外国人は年々増加しているそうです。外国人旅行者全体の総数は2015年に約2000万人まで増加しており、レンタカーを利用する外国人は2014年で約50万人となっています。ここ数年では急速に増えているようです。
2017y02m13d_114116410.jpg

外国人旅行者・レンタカー利用者の傾向 国土交通省のナンバリングの資料より参考

個人的には上記のような実情を踏まえると、ナンバーを導入することには賛成です。しかしこのナンバリング案は多くの人が反対意見を出しており、規則性があるのかないかわかりにくい、かえってわかりにくくなる、番号のつけ方に合理性を感じないなどの意見があります。個人的にも国が提案した上記のナンバリング案は賛成できません。

何が問題なのか?
並行する国道と同じ番号を付与するという点については、個人的には悪くないと思います。日本の場合、多くの路線が国道と並行しており、同じ番号をつけたほうがこの路線のバイパスということで理解しやすからです。アメリカのように東西南北に規則的に番号をつけるというのは日本の道路にはあっていません。なぜなら、路線によって途中から方角が大きく変わる路線があるからです。

問題なのは番号の付与の仕方です。

・忠実な形で番号が付与されていない。
多少の例外はあっても仕方がないと思いますが、国道に並行する番号をつけるといいつつ、一部の路線で全く別の番号が付与されているということです。

たとえば、北海道の道央自動車道ですね。札幌以北は国道12号と国道40号に並行していますが、北海道の縦貫道ということでE5が振り分けられています。

ですが、そもそも道内の国道は主要都市を起終点に国道が付与されているため、それに忠実に沿った形にすれば純粋に12号線に並行する区間はE12、40号線に並行する路線はE40で良いと思います。そのほうが単純でわかりやすいです。同時に、函館から稚内まで西から北まで走る道路なのに、道央という名称はおかしいでしょう。インター番号は札幌で別々ですから、これを期に札幌以南を道南、旭川以北を道北と名称変更したほうが、路線ナンバーごとに名称が変わり、より一層わかりやすくなると思います。

highway number dounai
道内の路線:ナンバーを統一し、名称も変更したほうがわかりやすい。

一部路線のファミリーグループ化
たとえば、秋田道と釜石道はおなじ横断道路だからE46で統一してしまおうというファミリーグループ化ですが、これは本当に意味がわからないです。路線名が全く別であり、かつ路線もつながっておらず、インター番号も別々に繋がっているわけですから、かえってドライバーの混乱をうみます。単純に路線ごとに別のナンバーを振り分けられないのでしょうか?

3桁国道に並行する路線のナンバー
国道に並行する路線の番号をつけるならば、桁数に関係なくその番号を付与すべきです。にも関わらず、並行国道と全く関係のない番号をつけるのは、かえってドライバーの混乱をうみます。
例えば、帯広広尾自動車道は国道236号線にほぼ完全に並行して走っており、そもそも並行する国道のバイパスとして建設されています。しかしナンバリング案でのナンバーはE60です。

山陰自動車道(国道9号)や深川留萌道(国道235号)などのいわゆる高規格路線は、国道とほぼ並行し、かつ並行国道とダイレクトにアクセスできるようになっており、国道番号と違うナンバーをつけるのはかえって不自然です。このようなケースは純粋に国道番号と同じ番号にしてしまったほうがわかりやすいです。よって3桁の番号も付与できるようにして、ルールにもっと忠実に番号を振っていくべきではないでしょうか?

既に番号のある路線へのナンバー付与
たとえば旭川紋別道や西九州道、三遠南信道など平成に番号が付けられた高規格道路の国道です。前者から450、497、474の番号が振られており、かつ国道のおにぎりのサインがある路線もあります。すでに国道の番号があるこれら路線に別の番号を振るというのは、不自然ではないかと思います。こういったケースではその番号をそのまま付与(450→E450、497→E497,474→E474)とした方が、管理する方も楽だと思います。ほかの例を挙げると、京都縦貫道や関西空港道は高架下の一般国道は478.481号が付与されています。ですからその上の道路がE478.E481であれば、バイパス道路であるということがひと目でわかるでしょう。


環状線におけるアルファベットと番号の付け方
圏央道と東京外環道、名二環と東海環状道ですが、これらは東京圏は首都高速のC1.C2に合わせてC3.C4、名古屋圏はR2.R3を付与しています。しかしこれにも付け方に問題があります。まず圏央道と東京外環道は首都高速ではなく高速国道です。首都高速と高速国道とナンバリングが独立していることを考えると、C3.C4をつけるのはどうなのでしょうか?

名古屋についても同様のことが言えます。さらに名古屋の場合はR1の路線がなく、R2.R3と続きます。おそらく都心環状線がR1に相当すると思われますが、こちらはCなのでナンバリングとしては不自然です。まあ、C2,C3とすると首都圏と紛らわしくなるから、Rにしたのだと思いますが、それなら都心環状線はR1になるのでしょうか?

東京外環道と名二環に関してはは高架下に国道298号、302号が走っています。これは平行ではなく真下を走っていますから、上の高速道路が国道のバイパス機能を持っていると考えて良いでしょう。それならば、E298,E302とつけたほうが、2つ路線のつながりが理解しやすいと思います。

東海環状道、圏央道に関しては既に番号のある路線へのナンバー付与と理由が一致します。

地域高規格道路につけるナンバーがわかりにくい
一番不評なのはおそらくここです。高規格道路はおもに59番以降のナンバーが与えられていますが、この付け方がいい加減です。
前述した国道と並行する路線と違い番号がついてわかりにくい例もそうですが、湘南バイパスや第二神明道路、長崎バイパスなど、そもそも国道である道路にまで番号が付与されています。湘南バイパスは国道1号のバイパスなので、純粋に国道1号のサインをつければ良いと思いますけどね。ほかの2路線も同様で、第二神明道路については北線と本線に別の番号が付いていますが、北線はそもそも支線なので分ける必要はないでしょう。

また高規格道路のうち県道にもナンバーが付いている路線がありますが、一ツ橋有料道路はそもそも宮崎県道で、全国の高速ネットワークとは独立したローカル道路、かつ路線が途切れているので付ける必要があるのか?と思います。あぶくま高原道路も同様ですね。これ別に番号つけなくても福島県道のサインで良いと思います。あと、みやぎ県北道路や大沼道路、函館外環道路など、そもそも番号のない路線もありますが、それらはどうするのでしょうか?

県道に指定されているところでも、固定の路線番号がなかったり(都城志布志道路など)、並行して国道が走っている路線(みやぎ県北道路)などは番号をつけても良いと思いますが、すでに国道として指定されている路線や、ローカルの有料道路などは番号を指定する必要はないと感じます。

dainishinmei.jpg
国道2号のバイパスである第二神明道路に全く関係のない番号を付与するのはいかがなものか?

路線名とナンバーの不一致
一部の路線ではナンバーと路線が合わずに、わけのわからないことになっています。たとえば中央道はE19とE20に分かれています。これだけなら良いのですが、さらに長野道にもE19が付与されており、路線名と番号があっておらず複雑です。これドライバーを混乱させることはないと思いますけど、わかりにくいですよね。それならばE19に該当する部分のみ名称を変更してインターナンバーもキロポストも統一したほうが良いと思います。

さらに混同しているのが阪和道と紀勢道のE26とE42ですが、ナンバーは和歌山で変わるのに、路線名称は田辺まで変わりません。もうわけがわかりませんし、混乱しますよね?これもナンバー導入を期に和歌山以南を紀勢道にして統一したほうが良いと思います。
chuoudou okaya
中央道岡谷JCT。長野道E19 中央道E19とつくのはいかがなものか?


規則に忠実でない区間が多く、ドライバーを混乱させかえってわかりにくい
まとめると、例外が多く、かえってドライバーを混乱させるようなナンバリングが多いということです。僕個人で、パブリックコメント募集期間に3桁ナンバーの付与も必要というコメントを出したのですが、高速道路のナンバリングについては2桁の番号を採用します。という機械的な返事が返ってきただけでした。どうやら、初めからコメントの意見はほとんど聞かずにこの案を通すようです。

とてもこのナンバリングは受け入れられません。もう少し議論して改善をした上でナンバリングを導入したほうが良いと思います。

また、ナンバリング以外にも、幹線道路と国道、県道が一致しない状況や車線が分岐、減少する際の案内のわかりにくさ、ゆずり車線などという他国には存在しない意味不明なレーンなど、改善すべきところはたくさんあります。外国人ドライバーのためのナンバー導入も重要ですが、そういった細かな部分の改善も必要だと思います。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/55-ab36c507

トラックバック

コメント

[C44] 個人的にはナンバリングは必要ないと思う。

個人的にはナンバリングは必要ないと思う。
というのは自分はロシア語やペルシア語をやってきたせいなのかロシア語やドイツ語、ペルシア語等で訳した方がある意味、分かると思う。
外国人の為にナンバリングとか言いながら英語ばかり拘るのは少しおかしいなと思います。
駅名標もそうだが正直、これから伸びしろがある中国語はともかく、これから話者が減少する英語や話者の少ないハングルは不要だから代わりにロシア語のキリル文字、或いはスペイン語表記、アラビア文字であるアラビア語かペルシア語で表記した方がこれからは有益になるように思う。
スペイン語やロシア語は英語と違ってスペル通りに読めるから逆に外国人もわかると思います。
自分でもロシア語やペルシア語で駅名標や高速道路看板を作っているから余計にわかります。
  • 2017-02-15 01:14
  • 稲見弥彦
  • URL
  • 編集

[C45] Re: 個人的にはナンバリングは必要ないと思う。

>ロシア語とペルシア語

個人としては英語しか勉強していないので、それ以外の言語はわからないのです。漢字は字の意味さえ理解できれば、複数の字で構成される単語でも理解がしやすいですが、、漢字とは何が違うのでしょうか?

あと、個人的に気になった部分で英語話者は今後減少するのですか?


僕個人としても、ここまで物議を醸すのであれば、ナンバリングはいらないと思いますね。ただ、ナンバリングするのであれば、ちゃんとしたルールに基づいてできる限り忠実に付ける必要があると思います。外国人旅行者のレンタカー利用者が増えているといいますが、これ事実はわかりませんが、単に中国人観光客が増えているからだけかもしれません。彼らは同じ漢字文化ですから、ナンバーがなくても地名さえ理解できれば、そう困ることはないですから、ナンバーがなくても問題にならないです。

  • 2017-02-15 19:11
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

[C46] スペイン語やアラビア語の増加で…。

アメリカ本土では現在、南部を中心にスペイン語話者が増加しており、アメリカ本国でもスペイン語が第二母国語として合法化されています。
英国も欧州でのムスリム系人口の増加で英語話者よりアラビア語話者が増加しています。
少し、最新の情勢の記事を出しておきます。

******
2016年はスペイン語にとってどんな年?

-2016年全世界で4億7200万人の人がスペイン語を母国語として使用しています。また母国語ではないけれどスペイン語を話している人口(スペイン語学習者を含む)は5億6700万人に上るとされています。

-スペイン語を母国語とする人の人口は中国語に次いで2位です。また母国語ではないけれどスペイン語を話している人口(学習者も含む)も英語についで2位です。

-スペイン語のネイティブは年々増加傾向にあります。一方、英語および中国語ネイティブの数は減少傾向にあります。

‐2016年においては全人口の約5.7%がスペイン語を使用しています。2050年には7.8%までに増加すると予想されています。
***
トランプさんがいくら頑張ってもアメリカの英語話者の減少は避けられないと思うし、EUでは英国離脱で英語排除の兆し、及び英国などではアラビア語話者の増加でこちらも減少しています。
特に英語を母国語とする人が減少し、アラビア語やスペイン語の増加になると重要言語がかなり変わると思います。

因みにロシア語を含むキリル文字はこんな感じです。
Шоссе=高速道路
Дорогой=道路
Выход=出口
英語やスペイン語のアルファベット(ラテン文字)とは違う文字を使用する単語だそうです。

因みにペルシア語はこんな感じ。
راه=道路
ایران=イラン。
アラビア語と同じで右から左に読んでいくアラビア文字ですが、アラビア語と違って英語やロシア語と同じ印欧語族に属します。

一般的にロシア人や中東系は英語よりこちらの方が分かりやすいし、観光客の多くは中国人や中東、東南アジア系だから英語のナンバリングはそこまで必要なのか疑問が持ちます。
  • 2017-02-16 07:28
  • 稲見弥彦
  • URL
  • 編集

[C47] Re

スペイン語ネイティブの増加>
これは興味深い話ですね。もっとも、英語のように世界共通言語となることはないと思いますが、単純に話者だけで見れば英語を追い抜く可能性はあるかもしれません。

逆に観光客のうち、欧米諸国から来る人がどれくらいいるのか気になりますね。オーストラリア発日本行きのジェットスターでは、日本を旅行するであろう白人家族が乗っていたりしますが、絶対数で見ると、少数派になるでしょう。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

hiro1100

Author:hiro1100
Hiro 1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき