Entries

高速道路ナンバリング;必要か否かの疑問と改善方法

前回の記事では、例外が多く路線名と一致していない路線があるなど、かえって複雑になるのではないか?ということを書きました。今回は、ナンバリング案自体が必要化か否かと、ナンバリング案改善について書いていきます。

ナンバリングは本当に必要か?
そもそも、本当に番号をつける必要があるのか?疑問に思います。外国人ドライバーのためとはいうものの、そもそも滞在者の多くがレンタカーを借りて日本国内を運転するのか?疑問に思います。たとえば、アメリカから家族で旅行に来た白人がレンタカーを借りて車を運転するのでしょうか?

僕らが他国に海外旅行に出かけた際に、そこでレンタカーを借りて車を運転するでしょうか?英語圏であるオーストラリアやニュージーランド、アメリカであれば借りる人もいますが、よほど英語ができる人か、海外滞在になれている人でない限り、車を運転しないでしょう。ワーホリや留学でない短期の旅行であれば、多くの人は鉄道やバス、飛行機で移動するか、ツアーを利用します。いろいろな面を考えてもリスクが多すぎるからです。

台湾や韓国は隣の国だからと、運転する人がいますが、この2カ国は運転マナーの面でも日本に比べるとお粗末で、ドライブが好きな人か、その国の言語をある程度理解している人でなければ難しく、多くの人は運転しないでしょう。

日本においても同様です。日本を旅行する外国人の多くは京都や東京など主要な都市、および観光地へ電車やバス行く人が大半です。車を借りて運転するというのは、よほどドライブ好きか、日本が好きで隅から隅まで旅行したい人くらいでしょう。あとは日本ワーホリをしている人くらいです。そもそも、オーストラリアのように車が故障して困っていても地元の人が助けてくれるということはないですし、JAFのサービスでも日本語が話せなければ、ちゃんとしたやりとりもできないです。英語サービスみたいなものがあるんですかね?

また、日本人側が外人とのコミュニケーションに全く慣れていない、会話すらできない環境があり、さらに案内が不親切で複雑な日本の道路環境を考えると、とても外国人が運転しやすいような環境にはなっていないです。日本を旅行する人である程度良識のある人は、車を運転しようと思わないでしょうし、そもそも日本を旅行の対象から外すでしょう。


つまりここで言いたいことは、まだまだ日本国内をレンタカーで旅行する外国人はマイナーな存在なのではないか?様々なリスクを考えると、よほど物好きでない限り車を利用しないのではないか?それを考えると、即急にナンバリングをする必要はないのではないか?ということです。

hanshin ring fukuzatu
日本人ですら戸惑う日本の高速道路。画像は阪神高速道路。ここを不慣れが外人が運転できるのか?

もっとも、これは完全に自分の主観です。事実、外国人のレンタカー利用者が増えているという実態を踏まえると、そのような環境も少しずつかわっているのでしょうかね。

ナンバリングの改善と提案
高速道路ナンバリングをより良いものにするには、どうすればよいでしょうか?

現在の、国道に沿ったナンバリングはやめて、まったく新しい形でナンバーを付与するという発想もあります。個人的には、それに関しては反対ではないのですが、僕個人としては、現在の国道に沿ったナンバリング案を改善したものを希望します。理由は、全体的に多くの路線が1つの国道に平行してバイパス的機能を持っているからです。

ナンバリング改善案
・並行する国道に沿った番号を付与する。
これは、特に変更はありませんが、できる限り例外を設けず、多くの路線において国道番号に沿って忠実にナンバリングします。

・3ケタの番号も付与する。
1つ目のルールを忠実に守るためには、3ケタの番号も付与できるようにします。

・路線名と番号をできる限り統一し、あべこべにしない。
E1のように東名高速、名神高速と2つに分断されているくらいなら、インター番号も統一されている分まだいいでしょう。

しかし、E42とE26の阪和道と紀勢道のような、別の場所で番号と路線名称が変わるような混同をなくし、E42は紀勢自動車道、E26は阪和自動車道と統一します。E19のように中央道、長野道が19だが、中央道もE20という場合は、中央道岡谷以西と長野道を別の路線名称を新たに付けて、インター番号も名古屋長野間で統一するようにします。

なお、このナンバリングを期に、全国の高速路線のうち、わかりにくくなる道路の路線名と番号をうまく統一し、インターナンバーもわかりやすく修正する必要があるでしょう。

・並行する国道が複数ある場合や、どうしてもこのルールに適用できない路線は59番以降の番号を設ける。ただし、すでに番号のある路線、国道468号圏央道のような例はそのままその番号を設ける。

これは、どうしても例外を設けざるを得ない時につける特例措置です。たとえば伊豆縦貫道のような場合、国道136号・414号・1号と複数の国道が重複しています。それぞれの路線番号を並行区間に合わせてつけるより、59番以降の番号をつけた方が良いでしょう。要するに単独の路線にしてしまうということです。

また、これを機会に主に2桁国道の路線整理や新設を行った方が良いと思います。

具体例を3つ挙げます。1つは国道17号線のような埼玉から群馬にかけて、バイパスと現道がかなり離れて走っているようなケースがありますよね。あれも外国人からすると困惑すると思います。よって、どちらか一方に2桁の新しい番号を付与した方が良いでしょう。例えば、さいたま~高崎方面に向かう現道路線は国道62号とするした感じです。

このほか、名豊・名四国道である国道23号は、実質国道1号のバイパスですから、こちらを本道として国道1号にして、並行する旧1号は新たに国道68号として新設、国道23号はかつてのように伊勢~四日市および名古屋までの路線として短縮します。名豊国道が実質幹線道路なのですから、そちらをメイン路線である1号にした方が、わかりやすく迷うことがないでしょう。同時にローカルな路線はその路線の独自路線として別番号を振るということです。

もう1つは、福岡~佐世保間に新たに2桁国道の国道73号を新設し、202号は佐世保~長崎間のローカル道路にする…などです。九州は他地域に比べて2桁国道が少ないです。番号が若い方が重要な路線という認識ができるため、若い番号路線が少ない地域は作ったほうが良いです。大分~福岡あたりにも1つ欲しいですね。

同時に、旧道とバイパスが並行している路線をバイパスを本道にしたり、幹線道路でないような区間が指定されている区間も整理して修正すべきです。外国人にわかりやすい案内表示というのであれば、国道の整理も必要です。

それらを考慮した結果、現在のナンバリング案を改善したのが以下の形になります。


北海道
highway number Hokkaido

北海道はほぼ並行する国道番号に忠実です。例外としては道央道札幌~長万部間がありますが、ここを並行国道と同じとするのは、微妙なところです。E36.E37としてもいずれも中途半端なところで終わるし、路線名と合わせて複雑になるからです。一方、国道5号に並行する高速道路は倶知安~小樽間は計画があるものの、倶知安~黒松内までは現道活用区間とされています。そのため、こちらをE5という道南地区の幹線道路とするには無理があります。現状では道央道が5号のバイパス的役割もになっており、道南地区の幹線道路ということを考えると、そのままE5にするのが適切だと思います。ちなみに、国道5号を室蘭、苫小牧経由にして、現在の国道5号を36.37号に分けるという考え方もあります。

なお、道央道は路線番号付与とともに、その番号ごとに路線名称も変更したほうがよいでしょう。札幌以南は道南地区を通るから道南自動車道、旭川以北はE40として道北自動車道とした方がわかりやすいと思います。

十勝オホーツク道は、242号、39号に並行していますが、これをE39とするのには無理があります。そのため59の番号をつけました。

函館外環道はE278、函館江差道は並行する国道のE228、帯広広尾道はE236、深川留萌道はE233、日高道はE235です。旭川紋別道は複数の路線と並行しており、すでに国道450号が付与されているのでE450とします。

道東道ですが、途中から国道38号に並行しなくなり、274号と並行します。ここはそもそも38号の起点を深川市から札幌市に変えて、38号と274号とシャッフルしたほうが良いと思います。
2桁国道の起点が深川市というのは、よく考えるとおかしな話です。

東北
highway number touhoku

東北もほぼ並行路線の番号に忠実です。東北道と八戸道については、例外として変更なしでよいでしょう。現状、青森への幹線道路は東北道ですからね。

山形道は山形~鶴岡間は国道112号と並行しています。よって、E112として別路線としたほうがよいでしょう。
一方で、山形~村田間は国道286号と並行しています。これをE286としても良いと思いますが、広域的に山形~仙台は国道48号が主流であり、山形道も48号のバイパス的機能を持っていると考えるとE48としても問題ないと思います。さらに村田JCT~仙台宮城間をE4.E48の重複区間にして、E48を表示すれば、仙台宮城インターから国道48号の仙台西道路との接続も理解しやすくなると思います。

同様に、秋田道も広域的には岩手秋田のバイパス的路線とみなしてE46としてよいでしょう。

日本海東北道はE7ですが、秋田以北の秋田道は国道7号と並行してますから、E7として路線名称も日本海東北道に変えて1本の路線にした方が良いでしょう。東北道が並行する青森県内は青森までE4.E7の重複路線としても良いと思います。

東北中央道は国道115号と並行する部分はE115として、国道13号と分けるべきです。そもそも福島付近で1本でつながっていませんからね。路線名称も福島相馬道路などとして完全な別路線として扱ったほうが良いでしょう。横手以北は国道13号と重複していることを考えると、ここはE13.E46の重複路線になるでしょう。

仙台南部道路、北部道路、東部道路は、一括にして仙台環状道路という1つの路線にした方がわかりやすいでしょう。ここは新たにE60という番号をつけました。


赤湯バイパスがE61となっていますが、個人的に思うのは山形~新潟間に2桁国道を作ったほうが良いと思うからです。2桁国道は主に県庁所在地を結ぶ路線ですが、山形~新潟間にはショートカットで結ぶ2桁国道がないからです。

みやぎ県北道路は県道ですが、ほぼ国道398号に沿う形の道路なのでE398としました。一方で、あぶくま高原道路は並行国道がなく、かつ県道であることを踏まえると県道のナンバーを振った方が良いでしょう。


関東
highway number kantou

関東地区では並行路線に忠実であると同時に、外環道路である圏央道は国道の番号である468、外環道は高架下に国道298号が走っていることを踏まえてE298としています。アクアラインは国道409号なので、E409。ナンバリング案で振られていなかった国道140号のバイパスにE140の番号を振りました。この道は将来的に西関東連絡道路という高規格道路になるからです。

新湘南バイパス、西湘バイパスは国道1号のバイパスなのでナンバリングからは除外。将来的には並行する1号線を降格させて、こちらを本道にすべきでしょう。

館山道は複数路線に並行しているため独自の番号を付与します。

図には書いてありませんが、成田空港への新空港道は国道295号と並行するため、E295です。

中部
highway number Chubu

中部地地区においては、伊豆道、中央道(富士吉田線)と東富士五湖道路には別番号を付与しました。もっとも中央道をE139、東富士五湖道路をE138としても良いかもしれませんし、東富士五湖道路をそもそもの国道138号現道としても良いかもしれません。

E253は上沼道に付与しました。この道はほくほく線にほぼ並行して走る道路です。

ナンバリング案と違う点の1つとしては、新山梨環状道路にE66を付与している点です。この道も厳密には高規格道路だし、将来的には甲府市の外周を走る形になるので、固有の番号が必要だと思いました。

名古屋とセントレアを結ぶ高速道路は名古屋空港道など、ちゃんとした名前をつけて固有の番号を付与すべきでしょう。ここではE67としました。

中部横断道は国道141号並行区間はE141。縦貫道は全線が158号と並行しているのでE158の方がわかりやすいです。

のと里山道は固有の番号を付与しても良いですが、国道159号とほぼ並行して走っていることを考えるとE159のほうがわかりやすいです。能越道は国道470号なのでE470。

東海北陸道は国道156号と並行しているため、E156としても良いのですが、広域的には国道41号のバイパス路線としても機能していることを考えると、ナンバリング案通りにE41で良いのではないかと思います。

近畿
highway number Kinki
近畿地区では、第二京阪道路にE69という番号を付与しました。この道は国道1号のバイパス道路ですが、国道1号と直接的な繋がりが薄く、大阪側で国道1号とつながっていない点を考えると、大阪~京都の全く新しい国道という位置づけにしたほうが良いと思うからです。同時に高架下を走る道路も国道69号としたほうが良いでしょう。要するに、大阪~神戸間の国道43号のような位置づけにするわけです。

第二阪奈はE308。しかし、現道が醜道である事を踏まえると、現道は国道から降格させて、こちらを有料であっても国道308号にしたほうが良いかもしれません。

南阪奈道路は、E165。E166でも良いかもしれません。並行する国道165号は308号ほどではないものの、道路状況はよくありません。まあ、そのような現道を通過するためだけに利用する人はいないと思いますが、南阪奈道路をE165とした方が、大和高田バイパスと合わせてバイパス的道路という位置づけが理解しやすくなり、スムーズに高速道路へ誘導できます。

ナンバリング案ではE9が採用されている京都縦貫道ですが、こちらは国道番号が既にあるので478としました。
京滋バイパスは厳密には国道1号のバイパスなのでナンバリングから外したほうが良いと思います。しかし、現状、名神のバイパス的役割も多少担っていると考えると、なにかナンバーを付与したほうが良いとも思います。

別の案では、京滋バイパスを国道478号、E478とし(国道478号は京都の外環道という位置づけに限定する。)縦貫道はE9としても良いと思います。

山陰近畿道も同様にE9ですが、国道9号から離れすぎています。東海北陸道や秋田道のような例と合わせてE9としても良いかもしませんが、現状、国道9号のバイパスとして全く使われておらず、全通後もそのような機能を持つのか微妙な点を踏まえると、並行する国道178号に合わせてE178としたほうが良いと思います。

堺泉北道路はナンバリング候補から除外。同じく、第二神明道は国道2号のバイパスなので、除外します。

中国・四国
highway number Chugoku,shikoku
中国・四国はナンバー付与に迷う部分が複数あります。

鳥取道は全線を国道373号と並行しているためE373としても良いのですが、厳密には途中から国道53号の重複区間になるため、373号の標識がありません。E53とするにしても少し不自然だし、播磨道との兼ね備えもあり、別のナンバーを付与するのもしっくりきません。それを考えると国道29号のバイパスという位置づけでE29としたほうが良いのではと思いました。播磨道も同じ理由でE29です。

E374は美作岡山道路に付与しています。
米子・岡山道も難しいところですが、岡山~米子を結ぶ国道として180号線があるため、それを踏まえてE180としました。
松江道は現行の54と良いと思いますが、尾道道は国道184号の並行路線なのでE184としました。E54とすべきなのは、むしろ広島道・中国道の一部、松江道でしょう。そのほうが国道54号に忠実に平行していると思います。

浜田道に関しては、並行する国道が複数有り、かつ広島~浜田間の国道が見当たらないため新規番号であるE70を付与しました。

山陰道は益田以西は国道191号と並行しているので、E191としました。


E190ですが、これは山陽道の宇部支線と山口宇部道路の一部に付与しています。この区間はE2だそうですが、厳密には1つの路線としてつながっていないため、かえってわかりにくくなります。それであれば、中国道の山口~下関はE2として、こちらをE190とする、更に宇部自動車道など全く別の名称を振った方が実態に合って良いでしょう。

四国は2桁路線については、ナンバリング案と同じです。ただし、番号を付与しただけでは路線名称と混同しわかりにくくなります。四国の場合、インターナンバーもよくわからない形で付与されているので、これを期にナンバーの変更、番号ごとに路線名称の変更、キロポストの修正などを大幅に行ったほうが良いでしょう。たとえば、E56に該当する区間を南四国自動車道に変えるなどです。

このほか、徳島環状道に新たに番号を振っています。同様に松山外環道路も1つの路線として番号を付与しました。

今治小松道と西瀬戸道は別々に並行する国道(196.317)の番号を付与しました。合わせた番号でも良いかもしれませんが、路線名称が別々なので、あえて別の番号を付与しました。

九州
highway number Kyusyu
九州ではE59以降が付与された路線や、ファミルーグループ化された路線を並行路線の番号に忠実に振り直しています。また、一部の高規格路線にも番号を付与しています。

西九州道は国道497号として付与されているので、そのままE497としたほうが良いでしょう。

ナンバリング案では番号が付与されていない有明沿岸道路ですが、これは番号をつけないのでしょうか?付けたほうが良いでしょう。この路線は複数路線に並行しているため、E59以降の番号を付与する必要があります。従ってE74という番号をつけました。

都城志布志道路は県道区間が多いですが、一部で国道10号のバイパス路線として扱われています。ナンバリング案ではこの路線は対象になっていませんが、ここでは1つの路線としてまとめてE75という番号を付与しました。

一ツ橋有料道路は県道なので候補から外しました。

沖縄
highway number Okinawa

沖縄は沖縄自動車道にE58。那覇空港自動車道にE506を付与しました。那覇空港道もE58というのは、路線のつながりがないため不自然です。なお、E76は沖縄西岸道路に付与しています。この路線は一部が高規格道路で、那覇都市圏の都市高速的、バイパス的な役割を担います。国道58号、331号の番号が与えられていますが、別の路線として別の番号を与えても良いのではないかと思いました。


以上が、改善案になります。


まとめ

以上のようなナンバリング改善案ですが、どうして生じてしまう例外事項には対応できませんが、それでも並行国道に沿ってある程度忠実に番号を振ることができます。また、この案では地域高規格道路へのナンバー付与にも対応しやすく、新規路線に番号をつける際にもつけやすいです。(現行案は、すでにE98まで番号が使われており、3桁の番号が付与できないため、新規路線へ番号付与が実質できない。)

難しいのは例外に関してですが、これはできる限りなくすと同時に、もう少し議論する必要があるでしょう。しかし、どうしてもルールに適用できない例外(たとえば東名・名神高速の米原~名古屋における並行路線とE1)は、もう例外と諦めるかありません。

おそらく諸外国での道路のナンバリングでも必ず例外事項があり、そこは割り切っているはずです。とにかく、ナンバリング案に関してはもう少し深く議論をして改善していく必要があると思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/56-09a229ba

トラックバック

コメント

[C48] 結局、ナンバリング自体がややこしい。

結局、ナンバリングがあるだけでややこしくなると思います。
それよりは高速道路4車線化や市街地の駅は極力、高架化、国道の整理と整備をした方が効果あると思います。
モスクワ地下鉄も最近こそ、英語、スペイン語、アラビア語などの案内が出たけどそれまではロシア語しかなかったし、モスクワ市内の渋滞や交通マナー改善の為に地下鉄運賃で乗れる中央環状線の鉄道も出来た位だから、そっちに金掛けた方が効果あると思います。
それにナンバリングのEはロシア語でШоссеのШだからШ01やШ01Аなども有りになってしまう。
ロシア人はあまり英語が通じないし、役立たない。
しかし、ロシア語やドイツ語、スペイン語は英語やフランス語と違って殆どスペル通りだし、日本人にも発音しやすいから英語より覚えやすいのでナンバリングに限らず英語に拘る必要はないと考えられます。
現に非英語圏の外国が多いし、英語圏の旅行先は英語圏かフランス語圏に偏る気がします。

[C49] Re: 結局、ナンバリング自体がややこしい。

道路の車線を広げたり、案内をわかりやすくしたり、あとは渋滞解消のための政策がナンバリングよりも重要ということですよね。確かに、日本の道路はいろいろな面で三流ですので、改善すべき点が山ほどあります。レンタカーで旅行するドライバーはナビを頼りに移動するでしょうから、そうなると別にナンバリングはなくても対して問題ではない、むしろ標識が複雑になってかえってわかりにくくなるとも考えられますね。

それなら、そこにコストを掛ける必要は無く、そこにかけるなら暫定2車線の4車線の方に予算を回してくれって気がしますね。
道路に限らず、どうも日本の最近の政治は的外れな施策ばかりで呆れます。まあ、そのうちまた日本から出ていくので、個人的には関係のないことですが…。

ロシア人はあまり英語が通じない>これはそうなのですか?韓国や台湾は若い人なら通じやすいと聞きます。日本が英語国であれば、英語表記などは重要ですが、公用語は日本語なので、旅行者も日本人の英語にはさほど期待していないかもしれませんね。
もっとも、旅行くらいだったら、現地の言葉が喋れなくてもなんとかなりますから、英語にこだわる必要がないというのはよく考えるとそうですよね。あとマイナー言語でも個々にしゃべれる人がいれば各国の旅行者の助けになりますから、英語に限らず中国語、スペイン語、アラビア、ロシア、韓国語など個々に話せる人がいれば良いかもしれません。
  • 2017-02-21 22:25
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

hiro1100

Author:hiro1100
Hiro 1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき