Entries

広島都市圏の道路網について考える。東広島バイパス、広島高速道路

今回は広島市とその周辺の道路網について考えていきます。どうして広島を取り上げたのかといえば、広島の高規格道路網は未だに発展途上だからです。九州の福岡や北九州都市圏は都市高速があり、幹線道路の車線数も広く、道路整備は進んでいます。岡山市は岡山バイパスが倉敷~岡山を結ぶんでおり、ここも比較的道路状況は悪くありません。四国に目を向けると松山市は松山外環道路が完成すれば、かなり道路事情が良くなるでしょうし、高松市はあの形がほぼ完成形といっても良いかもしれません。同規模の都市で比較すると、仙台では市街地の外側を有料の環状道路が走っています。都心部へは仙台西道路が東北道から繋がっており、比較的綺麗な形で繋がっています。

広島市の場合、西広島バイパスや広島バイパスなどバイパス網こそあるものの、東側の東広島地区のバイパスが未完成で、かつ都市高速道路の開通も中途半端です。広島呉道路は有料で暫定2車線なので、ちゃんとした形で使われているのか?微妙ですし、広島岩国道路も実質山陽道の一部で、都市圏の高規格道路として使われているかは微妙です。つまり、大都市にも関わらず、高規格道路の整備が不足しているということです。

Hiroshima.png
広島都市圏の道路網(高規格道路のみ)

広島は山陽自動車道が都市圏の外縁を走り、これは外環道的な役割を果たしています。都市圏内における中距離移動のバイパス網は、東広島バイパス、広島高速2号、3号、広島岩国道路広島呉道路です。、山陽道と都心部を結ぶ路線は西広島バイパス、高速4号です。高速1号線も将来の5号線開通で、都心部へのアクセス道路になるでしょう。

しかし、どの路線を見ても西バイパスを除いて、高規格道路として十分に機能しておらず整備状況も中途半端です。大都市であるにもかからず、都市圏の移動にはまだまだ国道を使わざるを得ないのが実情で、かなりの改良が必要でしょう。

East hiroshima Bp constrcution
建設中の東広島バイパス。、海田町付近。

広島高速3号の未開通
高速3号は将来的には廿日市から海田まで断続的に繋がり市内の国道2号線のバイパス道路になります。有料なのが難点ですが、人口の多い地区を走るので、すべて完成したらそこそこの利用者が見込めるでしょう。位置的には名古屋の伊勢湾岸道、福岡では高速都心環状線の百道地区を走る区間みたいな感じになるでしょう。早く全てできてもらいたいです。

高速4号線と山陽道の接続
この道路はもともと有料道路だったものを都市高速にしたためこのような形になったようですが、理想的には山陽道と接続し、都心部へアクセスしやすくしたほうが良いでしょう。五日市ICとの接続の事業も検討されているようなので、早く実現して欲しいと思います。これが実現すれば、広島北部、島根方面からのアクセスが格段に向上するほか、広島西バイパスや広島インターへの交通量が分散されるでしょう。

東広島・安芸バイパスの整備
おそらく、一番問題なのがこの道路でしょう。広島から東広島へ抜けるバイパス網が未完成で、並行する国道2号は大渋滞を引き起こしています。西側の西広島バイパスはできているのに東側が未開通というのも東西格差を感じますが、広島高速3号と合わせて、即急に整備したほうが良いです。

senoIC.jpg
東バイパス部分開通区間の終点(瀬野西IC)。日中は常に渋滞している模様。

この道が整備されないため、並行する山陽道の交通量もほかの区間に比べて多く、混雑しています。この道が完成すれば、山陽道の交通量は減少し走りやすくなるでしょう。

sanyo hiroshima
山陽自動車道広島IC~志和IC間は、山陽で唯一1日の交通量が5万台を超える。

広島呉道路の無料化と拡張
この道は広島と呉を結ぶ最短道路であるにも関わらず、有料のせいで多くの人が利用していません。そのため、並行する国道31号に交通量が集中する状態になっています。この道は2020年に無料化されるので、そうなれば国道の混雑はかなり緩和されるでしょう。同時に4車線を施工し、こちらをメインの幹線道路として整備させたほうが良いでしょう。

活用されない広島岩国道路
この道に関しては別の記事で書いています。簡単に言えば国道2号のバイパスとして使われておらず、並行する2号線は通過交通で溢れかえっているということです。この道を部分的に無料開放するか、料金を下げるなどしてもっと有効活用させるようにすれば、2号線の交通量緩和に貢献できます。さらに岩国大竹道路が完成すれば、岩国から広島までの高規格ネットワークも完成します。

hiroshimaiwakunionoIC.jpg
広島岩国道路。山陽道路の一部として利用されているため、そこそこ交通量はあるものの、2号線の交通量を受け入れるだけの余裕はあるので、料金緩和措置が必要です。

以上が広島における道路事情の問題点です。これ以外にも高速2号線や東広島呉道路の全線4車線化も必要でしょう。これら道路が全て完璧な形で完成したとすれば、広島都市圏の道路網は以下のようになります。
Hiroshima2.png
広島の高規格道路完成版。

東広島バイパス・広島高速3号が全通、4車線化、平面交差区間の高架化により、広島市の国道2号を通らずに広島を通過するルートが完成。また廿日市~東広島間の山陽道とのダブルネットワークの完成。山陽道、国道2号の混雑解消。

広島呉道路の無料化、4車線化で呉、広島間を高規格道路で移動することが可能。国道31号の混雑解消。
・広島高速4号の山陽道五日市IC接続で、都心部へのアクセスの向上、国道54号や広島インターの混雑解消。
・広島高速5号の開通により福山、岡山方面、および空港方面から都心部へのアクセスの向上、国道54号、広島インターの混雑解消。
・広島の環状線ネットワークが完成。
広島岩国道路を当該道路利用者のみ割引、もしくは無料にすることで岩国、大竹から広島まで高規格道路で移動することの敷居が低くなる。岩国大竹道路の開通と合わせて、岩国~東広島間の高規格ネットワークの完成。宮島付近の国道2号の混雑緩和に貢献。


この中で広島高速は有料なわけですが、無料にしないのは都市高速道路という観点からです。有料のまま交通量を増やすには2つの方法があり、1つは接続する高規格道路を整備することです。整備することでバイパスの交通量が流れ込むことで交通量の絶対数が増加します。2つ目は料金制度の調整です。首都高速のように短距離の移動をもっと安くすれば、利用する人も増えてくるはずです。極端な話100円でも利用できる区間があれば、利用する人の絶対数は増えるはずです。

広島は大都市なわけですから、これくらいしっかりした道路網があるのが最低ラインです。ほかにも計画路線がいくつかあるようですが、広島の都心部に1本くらい高速道路があっても良いかもしれません。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/61-743287f7

トラックバック

コメント

[C57] Re: 可部線復活もあったからこそ

鉄道整備と広島都市高速の料金の短距離値下げで大きな効果が得られる>
広島で鉄道整備が重要なのはなんとなくですがわかります。広島は新潟や岡山と違って広い土地がなく、かつ人口が狭い範囲で密集しているため、人口密度が高いです。かつ都市圏の広さもそれほど広くないので鉄道の輸送密度が高く密集地帯に鉄道が通ることで効率的な輸送ができます。また、平地が少ないので狭い道路も多く、車の利用は不向きというイメージもあります。

おっしゃるように鉄道のサービスが向上すれば、かなり利便性の良い都市になると思います。
都市高速も似たような理屈で、都市圏自体が狭いので移動距離は首都高や阪神高速ほど長くならないので、短距離利用者を増やす仕組みを増やせば、市内の渋滞緩和に大きく貢献すると思います。

仙台はいろいろ調査した上で記事を書こうと思います。個人的なイメージでは、仙台も人口密集地帯は仙台市が中心で広範囲に及んでいないので、市内限定でライトレールを走らせるなどすれば、少しは混雑緩和に貢献できそうな気がします。

  • 2017-03-09 14:29
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

[C56] 可部線復活もあったからこそ

広島は電車の近代化が他都市より遅かったから、単線区間も多く存在します。
つい最近、可部線の一部路線が復活したがそれでもアストラムライン延伸や芸備線、呉線の複線化は必要だし、それに並行して都市高速の整備や料金調整をした方が良いと思います。
広島の場合、都市高速の出口に料金時がある事が多く、鉄道整備と広島都市高速の料金の短距離値下げで大きな効果が得られるからです。
中国道広島北JCT〜山口JCT無料化するのも効果あると思うから。

話は変わるが仙台の鉄道は広島より酷い状況だし、電車やバスは仙台駅行きが多すぎて渋滞が酷い様に思います。
仙台駅一極集中路線は渋滞や交通マナーの悪化に繋がるから止めるべきだと思います。
仙台は広島と違う意味で道路状況に問題があると思います。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき