Entries

静岡都市圏の交通事情について考える

今回は静岡市を中心とした静岡大都市圏交通事情について考えていきます。静岡大都市圏は人口70万の静岡市(旧静岡市、清水市)とその周辺の旧由比町、蒲原町、富士市、富士宮市と焼津市、藤枝市、島田市の志太地区を含めた地域です。人口は約142万人で、100万都市圏でもあります。ここでは鉄道、道路も含めて考えていきます。

参考:静岡市周辺の地図

静岡の道路網
静岡都市圏の場合、主要路線は2000年以降に改良が進みかなり改善されてきました。2003年の新日本坂トンネルの4車線化、国道1号線および、静清バイパスの開通と拡張(2018年に完了)、国道150号静岡~清水間の改良、2012年の新東名開通など、主要路線はほぼ完成形に近い形になっています。
2017y03m13d_131856893.jpg
1999年に改良された岡部地区の国道1号、かつては静岡藤枝間の1号線は渋滞がひどかった。

静清バイパスの清水インター付近の立体化と富士由衣バイパスの立体化ですが、これは事業化もされて工事が進んでいるので、数年後には富士~静岡の全線高架化が完成します。藤枝バイパス、島田金谷バイパスも4車線化事業中です。
2017y03m13d_132236783.jpg
4車線化が進む静清バイパス。

国道150号も久能地区(静岡地区南部の海岸線)の改良工事が進んでおり、こちらも数年後には改良されます。焼津から牧之原へ向かう4車線バイパスも建設中で、数年後には清水~牧之原間の多車線化が実現するでしょう。
2017y03m13d_132559427.jpg
かつて渋滞の名所だった国道150号の静岡市内中島地区、現在では渋滞は解消。一部区間の高架化も進む。


東名高速は新東名開通で交通量が分散し混雑が解消しました。静岡東スマートインターが事業中で、これも近いうちに完成します。新東名高速道路は別記事でも述べましたが、6車線化が必要です。ですが、これは道路建設が不要なので、1車線増やせば良いだけなので決まってしまえば早いです。
2017y03m13d_134729583.jpg
東名高速道路も車がまばらになり、渋滞はなくなりました。

中部横断道は2020年までには完成し、将来は長野、山梨方面へ接続します。この道が暫定2車線のようですが、交通量を見て4車線にするか否か判断する必要があるでしょう。


細かな部分では、一部の県道の拡張、清水いはらICへの接続道路の建設、国道362号の山間部の改良などありますが、これらも多くが事業中です。
静岡南北道路といわれる国道150号と新東名を結ぶ高規格道路が計画されており、静清バイパスから新静岡ICまで暫定2車線で完成しており、それより南は事業化されていません。これは暫定2車線の部分を4車線化して欲しいですが、それ以南が必要か?といわれると、直ぐに必要とは思いません。県道74号に沿って走るようですが、県道自体そこまで渋滞していないからです。
2017y03m13d_135557564.jpg
県道75号、清水いはらインターにつながる片側2車線の道路。事業は遅れているが、将来はインターから清水港までつながり、清水インターの混雑緩和に寄与します。手前の高架は東名高速道路。


唯一不満なのは国道139号の富士宮市内ですかね。市内を通る部分のみが平面交差で、特に夏になると渋滞がひどくなるので、あの部分は立体交差にしても良いと思います。
2017y03m13d_135233060.jpg
富士宮市内の国道139号、ここは渋滞が起こりやすいので、信号の連動をよくするか、お金をかけて立体交差にするかして流れをスムーズにしてほしい。そうすれば、山梨県境~東名までがスムーズにつながります。

僕自身、静岡へは日本滞在中はよくいくし、高校は静岡の高校だったので市内はよく知っています。そこから言えるのは、静岡都市圏の道路は拡張が必要な路線も多いものの、そのほとんどが事業中で10年以内にはその多くが改良されます。道路環境は決して良いレベルではありませんが、首都圏ほど深刻なレベルではありません。静岡市内でも主要な路線は多くが多車線で構成されており、計画がない道路で拡張が必要な路線というのは、個人的にはあまりでてきません。

前述したように国道139号の改良は必要でしょう。ローカルな路線になりますが、島田小川幹線(島田市と焼津市を結ぶ4車線の道路)と、志太中央幹線(藤枝市の国道1号から東名吉田インター付近までの4車線道路)は建設して欲しいと思います。しかし、新しい道路事業といっても、せいぜいこれくらいです。
2017y03m13d_140222180.jpg
焼津や藤枝は静岡以上に車社会だが、意外と多車線道路は少ないです。上記2つの道路が完成すれば、旧国道1号などの混雑が緩和します。

よって、現段階でも静岡都市圏の道路事情は完成形に近い形になっているため、いま事業中の路線や一部計画中の路線を除き、これ以上新しい道路の建設は必要ないと思います。道路関係で改善して欲しいことといえば、信号の連動を良くして欲しいこと、ラウンドアバウトの新設ぐらいですかね。また、都心部の道路の一部を一方通行にして交通の流れをよくするという可能性もあります。


車社会からの脱却が必要?
静岡の場合、今後は道路建設よりも鉄道やバスに焦点を当てたほうが良いと思います。静岡の場合、ほかの都市と違って、狭い地域に市街地が密集しています。そのため道幅も狭く、片側3車線以上の道路はほんの一部しかありません。そもそも駐車スペースもなく、駐車料金も高いため、車を持つには不向きの都市ですが、逆に狭い地域に人口が多いため、公共交通機関が有利な環境にあります。(少ない移動距離(コスト)で多くの乗客を運べる。)

もっとも、そのせいでほかの都市に比べて、都市圏交通の鉄道やバスの分担率が高い傾向にあります。個人的にも市内へ行く場合は、車で行きたいとは思いません。ある意味、すでに自動車社会から脱却しているとも言えます。

2017y03m13d_151856522.jpg
*資料:「地域経済総覧」東洋経済、国土交通省「全国都市交通特性調査)
乗用車保有台数/世帯数は、つまり1世帯当たりの車の台数を示す。

自動車保有率が低く、分担率も低いのは松山、静岡。逆に高いのは松江、金沢、郡山、宇都宮。静岡市はどちらかというと、自動車社会ではありません。


トラムライトレールBRTバス・ラピッド・トランジット)の可能性

4547980.jpg
市内に路面電車を走らせたり、バス専用軌道を敷くことは、市内の渋滞緩和策としては悪くないと思います。もっともすでに静鉄が新静岡~新清水まで鉄道を走らせているし、東海道線もあるし、バスも充実しているのでいらないという意見もあります。むしろバス専用レーンを作ったほうが良いとも言われます。また、鉄道軌道を敷くにしても、交通渋滞の悪化や採算性などを考慮する必要があるでしょう。


個人的には新規路線を作ることは市内では難しいと思います。地下鉄はそもそもコストが高く採算性は取れないでしょう。そのため、いまあるバス路線のサービス向上、いわゆるバス専用レーンや専用軌道などを作ったほうが良いのではないかと思います。
2017y03m13d_153302140.jpg
市内を走る静鉄バスは、利用客が多い。

郊外における自動車依存の脱却
一方で静岡市の郊外に当たる焼津、藤枝、島田、富士、富士宮などは車社会です。しかしどの都市も人口が多く島田市を除けば、どれも10万人以上の人口を持ちます。富士、富士宮地区は約40万人、藤枝、焼津、島田地区は約30万人です。郊外においてこれだけ多くの人口を抱えているのだから、鉄道やバスがもう少しきちんとした形で整備されれば、十分利用者が見込め、採算が取れる余地があります。地区内を縦断するトラムBRT、もしくは静岡市内へつながる鉄道路線が藤枝あたりから1路線くらいあっても良いはずです。

静岡都試験における鉄道路線図
静岡都市圏鉄道路線

新線構想はバス専用軌道、鉄道、ライトレールトラム問いません。清水市内および静岡市内の路線は実際に検討がされていますが、焼津藤枝方面は個人の妄想です。現実問題、静岡~焼津・藤枝間のJR東海道線は座れないほど混雑していることを考慮すると、もう1本別路線があっても、利用客はそこそこ増えそうな気がします。ただし、それは移動時間や運賃、サービスの質で大きく左右されるでしょう。

以上、静岡大都市圏交通事情について書いていきました。まとめると道路網は多くの改良計画が事業中で、かなり完成形に近い形に来ており、今後は特に郊外において鉄道やバスに重点を当てたほうが良いのではないかということです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://traffical.blog.fc2.com/tb.php/63-74520746

トラックバック

コメント

[C60] redeyekiller56p@gmail.com

静岡の場合は静岡駅が既に高架されているのでライトレールや広島の可部線みたいに静岡鉄道の一部路線の復活なども検討に当たります。
静岡で問題なのは県東部の方で特に沼津駅の高架や伊豆縦貫道の整備などが必要に感じます。
特に沼津駅高架工事は配線を変更してでも御殿場線と静岡方面の直通運転を行うべきだと思います。
個人的には富士駅も高架の検討が必要かと思います。

因みに神奈川はグリーンラインの川崎や二俣川・上大岡延伸及びブルーライン新百合ヶ丘延伸や相模線複線化、南武線高架化などが必要に感じます。
特に横浜は人口の割に自転車が不向きなところは同じ首都圏でも埼玉や東京と違う所だと思います。
  • 2017-03-15 21:39
  • 沼津駅などについて
  • URL
  • 編集

[C61] Re

静岡駅が高架化されてることによって、南口と北口に軌道を敷くことが容易ですね。ただ、国道1号の交通をせき止める恐れはあって、南北別々の運行になる可能性もありますが、そうなってほしくはないですね。

沼津はいつなったら高架になるんでしょうかねえ…。市街地の衰退も著しいし…。富士駅周辺に至っては静岡のベットタウンのような形にもなっています。

御殿場線直通で静岡方面への通勤、通学が便利になる可能性はあります。
同時に身延線の静岡・沼津方面の普通列車の直通もして欲しいですね。こちらも双方を起点として、通勤、通学に利用される可能性もあります。
  • 2017-03-16 17:04
  • hiro1100
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yasu1100

Author:Yasu1100
ドライブ、旅行好きの30代。
道路、運転マナー、海外の道路事情について、自分の思うこと、経験に基づくことを書きます。

2005年に原付で公道デビューし、2009年に4輪デビュー。2014年にオーストラリアへ渡航し、海外ドライブ開始。日本と海外を行き来しながら、生活を始める。
バイク、車で走った距離はおそらく10万キロ以上。1回も交通事故を起こしていないのは自分の自慢です。

Youtubeチャンネル

ツイッター

スポンサードリンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

つぶやき